スズキの3列シート車「APV」は小型ボディでキラキラ顔!? 2つの見た目の使えるヤツ

スズキがインドネシアなどで販売する3列シート車に「APV」というモデルがあります。いったいどんなモデルなのでしょうか。

ふたつの仕様を用意! スズキ「APV」

 日本市場において3列シートミニバンはさまざまなモデルがラインナップされる人気のカテゴリですが、海外市場においても日本の自動車メーカーは3列シートを備えたモデルを多数販売しています。

 なかでも、スズキがインドネシアなどで販売するモデル「APV」とは、どんなクルマなのでしょうか。

インドネシア仕様のスズキ「APV」
インドネシア仕様のスズキ「APV」

 APVは、スズキのインドネシアの子会社「インドモービル・スズキ・インターナショナル社」で生産されている3列シート車です。

 インドネシアでは上級仕様の7人乗り「APVニューラグジュアリー」と、比較的安価な価格で8人乗りの「APVアリーナ」というふたつの仕様が展開され、外観や装備が異なりますが、搭載されるパワートレインをはじめ基本設計は共通となります。

 ボディサイズは、APVニューラグジュアリーが全長4300mm×全幅1690mm×全高1866mm、APVアリーナが全長4155mm×全幅1655mm×全高1855mmと、3列シート車としてはかなりコンパクトな設計です。

 外観を見ると、APVニューラグジュアリーは大型のフロントグリルやフロントバンパーを採用し、押し出し感の強いスタイルです。デイライト付きフォグランプもメッキ加飾が施され、キラキラ感が強く演出されます。

 ボディカラーはクールブラックメタリックとパールホワイトの2色です。

 一方、APVアリーナはフロントバンパーの押し出し感が少なく、シンプルでクリーンな印象のデザインで統一。設定されるグレードのなかにはバンモデルも存在します。

 ボディカラーはモノトーン系だけでなくラディアントレッド(一部グレードのみ設定)やバーガンディパールなど、華やかな色も設定されます。

 搭載されるエンジンはどちらも1.5リッター直列4気筒で、最高出力94.5馬力(APVニューラグジュアリー:92.45馬力)・最高トルク126Nmを発揮。

 APVはAPVニューラグジュアリーとAPVアリーナで価格も分けられ、インドネシアにおいてAPVニューラグジュアリーは2億3200万ルピアから2億3600万ルピア(日本円換算で約176万円から約179万円)、APVアリーナが1億5850万ルピアから2億1300万ルピア(日本円換算で約120万円から約162万円)です。

【画像】もう1つの顔つきもイイ感じ!? スズキの3列シート車「APV」をささっと見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スタイリングもマッチョ風でフェンダーも出ていい感じ。スズキは基本の車造りが素人にも理解できてしっかりしたものつくりをしているところが好ましい。