プレイバック! 10年前のアルファ ロメオ100周年イベント

2020年はアルファ ロメオが創業してちょうど110周年のメモリアルイヤー。しかし、コロナ禍の影響によって、本国イタリアで開催される予定だったイベントはキャンセルとなった。そこで、100周年記念のイベントがどのようなものであったか、振り返ってみよう。

アルファ ロメオ100周年イベントはどうだった?

 2020年6月24日は、名門アルファ ロメオが創業してちょうど110周年を迎える重要な節目の日だった。

 わが国では「ALFA ROMEO CENTODIECI ANNI DI EMOZIONI-栄光と情熱の110年」と銘打ったオフィシャルのオンライン記念イベントが、YouTube「アルファ ロメオ・チャンネル」にて展開された。

 もちろんイタリア本国でも、かつてのアルファ ロメオの本拠アレーゼにある「ムゼオ・ストーリコ・アルファ ロメオ」館長の監修により、110年の歴史を綴った80ページものの電子書籍「110th Anniversary eBook」が全世界に向けて公開されたほか、この日が新型コロナウィルス禍以降の再開日となったムゼオに一定数のアルフィスタたちを集め、期待の限定車「ジュリアGTA」を初公開するなど、意欲的な取り組みもおこなわれていた。

 しかし、もともと本国ではオンラインでなく、アレーゼやミラノを舞台とした大規模イベントが予定されていたとのことなのだが、新型コロナ禍の甚大な影響を受けたイタリアでは、イベントは中止せざるえなかった。

 今回は、ちょうど10年前のミラノにて繰り広げられたアルファ ロメオ100周年イベントが、どんなに素晴らしいものであったかを回想することによって、新型コロナ禍に消沈するアルフィスタの皆さまへの、せめてもの慰めとしたい。

●ミラノの街を、アルファ軍団が占拠

アレーゼの隣町(ロー)にある大規模見本市会場「フィエラ・ミラノ・ロー」の駐車場には、新旧さまざまなアルファ ロメオが集結した
アレーゼの隣町(ロー)にある大規模見本市会場「フィエラ・ミラノ・ロー」の駐車場には、新旧さまざまなアルファ ロメオが集結した

 フランス車ダラックのノックダウン生産をおこなっていた実業家、ウーゴ・ステッラを筆頭とするミラノの企業家グループが「A.L.F.A.(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili:ロンバルダ自動車製造会社)」のブランド名を掲げ、純イタリア製オリジナルモデルとなる「24HP」の生産をスタートさせたのは、1910年6月24日のことだった。

 そして、ALFA社としての起業からちょうど100年目を迎えた2010年6月24日、ある壮大な記念イベントの幕が切って落とされることになった。その名も「ALFA ROMEO 1910-2010」。

 名門アルファ ロメオの栄光と挫折、そして不屈の歴史をそのまま体現した巨大セレモニーであった。

 この壮大なイベントが幕を開けたのは、まさしく創立100年にあたる6月24日。現在ではミラノ市庁舎として使用されている「センピオーネ公園マリーノ宮殿」において開会宣言をおこなったのち、F1イタリアGPでも有名なアルファの聖地「モンツァ・サーキット」にて、開会式典を兼ねた走行イベントを開催。

 また、同じく24日と翌25日には、まだ改装前だった「ムゼオ・アルファ ロメオ」の開館時間が深夜23時まで延長され、アルファ ロメオの至宝たちをじっくり見学することができたという。

 しかし、この100周年イベントのメイン行事となったのは、なんといっても26日と27日の2日間に亘って開催された、巨大なパレードランだった。

 中間発表段階でも既に2300台以上ものアルファ ロメオ車とそのオーナーたちがエントリー申し込みを済ませ、大会当日に至っては実に3000台ものアルファ ロメオたちが集結したという、恐るべき大ミーティングである。

 まずは26日朝。アレーゼの隣町「RHO(ロー)」にある大規模見本市会場「フィエラ・ミラノ・ロー」には、おびただしい数のアルファ ロメオたちが続々と集まってきた。

 その内訳は、一世紀の歴史そのもの。旧くは1920年代のヴィンテージ初期に製作された「RL」に端を発し、第二次大戦前の傑作「6C」や、戦後の「1900」、「ジュリエッタ」、「ジュリア」、「アルフェッタ」、フィアット・グループの傘下入り以後に製作された「164」や「155」。今世紀以後に製作された「156」や「147」。そして当時は最新モデルだった「159/ブレラ」や「MiTo」に「8Cコンペティツィオーネ/スパイダー」。

 さらには2010年に正式発売されたばかりの3代目「ジュリエッタ」など、アルファ ロメオの100年間に製作された、ほぼすべてのモデルの姿を見ることができた。

 これら多彩な参加車両を持ち込んだオーナーたちは、フィエラ・ローで本格的なビュッフェランチとアルファ談義を楽しんだのち、ミラノ市中心部を回るパレードに向けて雪崩の如く大移動。

 夕刻にパレードの巨大な車列は、ドゥオーモやスカラ座と並ぶミラノ市内の歴史的名所として知られるスフォルツェスコ城へと集結することになった。

 ここでは、全参加車両中から選抜された100台の歴史的アルファ ロメオ車による「レビュー」も開催された。この日のイベント目当てのギャラリーに一般のミラノ市民や観光客も交えた、まさしく黒山の観衆のなかで、ミラノのもうひとつの象徴たるアルファ ロメオの100周年が祝賀された。

 そして一夜明けた翌27日の午前中には、今回のイベントのクライマックスを迎えることになった。ミラノ市の周囲をぐるりと1周する「タンジェンツィアーレ(自動車専用環状道路)」において、隊列を組んで走行。世界中から集まったアルファ ロメオ車によって「リング」を形成するという、なんとも壮大なパレードランがおこなわれたのだ。

 事前に噂されたごとく、天下の公道であるはずのタンジェンツィアーレを完全貸切するまでには及ばなかったものの、片側3車線のタンジェンツィアーレの1車線、ないしは2車線をアルファ ロメオたちが埋め尽くして行進するさまは、まさに圧巻の一言。ヘリコプターからの空撮もおこなわれ、この日のTVや新聞を賑わすことになった。

 そしてパレードランの参加車両たちは、これもミラノ近郊の町、ノヴェグロのフィエラ(見本市会場)を会場に、6月19~27日まで開催されていた素晴らしい展覧会「Alfaromeo 100×100」において、再び大集結。4日間にも及んだ壮大な100周年記念イベントは、ここに感動の大団円を迎えるに至ったのである。

【画像】2010年のアルファ ロメオ100周年記念イベントを振り返ろう!(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント