レート/ダルマス/関谷組のル・マン初優勝から25年 特別仕様車マクラーレン「720S Le Mans」発売

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレンがモータースポーツで成し遂げた最大の偉業のひとつ、初挑戦で初優勝したル・マン24時間レースを記念して、720Sクーペの特別仕様車「720S Le Mans」を発売する。

レート/ダルマス/関谷組の59号車優勝から25年を記念したモデル

 マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレンがモータースポーツで成し遂げた最大の偉業のひとつ、初挑戦で初優勝したル・マン24時間レースを記念して、720Sクーペの特別仕様車「720S Le Mans」を発売する。このル・マン仕様は世界限定50台となる。

世界限定50台の特別仕様車、マクラーレン「720S Le Mans」
世界限定50台の特別仕様車、マクラーレン「720S Le Mans」

 25年前の1995年6月18日。ル・マン24時間耐久レースでマクラーレンF1GTRの59号車が総合優勝を遂げた。ドライバーはJJ・レート/ヤニック・ダルマス/関谷正徳組。ほかにも3台のマクラーレンF1GTRがトップ5内でフィニッシュした。

 これによりマクラーレンは、ル・マン24時間レース、フォーミュラ1世界選手権、インディアナポリス500の3冠ウイナーとして、モータースポーツの歴史にその名を刻んだ。

1995年のル・マン24時間耐久レースで総合優勝を果たした、JJ・レート/ヤニック・ダルマス/関谷正徳組のマクラーレン「F1GTR」59号車
1995年のル・マン24時間耐久レースで総合優勝を果たした、JJ・レート/ヤニック・ダルマス/関谷正徳組のマクラーレン「F1GTR」59号車

 今回登場する特別仕様車「720S Le Mans」は、スーパーカーである720Sのエクスクルーシブ性をさらに高める「McLaren 25 Anniversary Le Mans」のロゴと記念プレートを装備する。

 また全車の車体認識番号が298から始まるという。これは、もっとも近いライバルを1周ほど引き離して優勝した、F1GTRの総周回数にちなんだものだ。

 720S Le Mansの特別装備は以下のとおり。

●エクステリア
・ボディ色:マクラーレン・オレンジとサルテ・グレーの2種類
・ロワーボディサイド、リアバンパー、フロントバンパー下部は「ウエノ・グレー」でペイント
・ロワーボディ・サイドパネルに「McLaren 25 Anniversary Le Mans」のロゴ
・グロスブラックのルーフスクープとポリカーボネート製リアウインドウ
・カーボンファイバー製フロントフェンダー・ルーバー
・F1GTR59号車を反省した5スポークLMホイール
・ゴールドカラーのブレーキキャリパー
・グロスブラックのボディコンポーネント

●インテリア
・マクラーレン・オレンジかダヴ・グレーをアクセントとするビスポークのブラック・アルカンターラのテーマ2種類から選択可能
・カーボンファイバー製レーシングシート
・「McLaren 25 Anniversary Le Mans」のロゴ刺繍入りヘッドレスト
・ステアリングホイール12時の位置に、インテリアのアクセントカラーと同色でマーキング
・「McLaren 25 Anniversary Le Mans」のロゴ入り記念プレート
・「McLaren 25 Anniversary Le Mans」のロゴ入りフロアマット

※ ※ ※

 720S Le Mansは、最高出力720psを誇る4リッターV型8気筒ツインターボ「M840T」エンジンを搭載。0-100km/hは2.9秒、最高速は341km/hというパフォーマンスを誇る。

 カーボンファイバー製モノゲージIIのメイン構造と、プロアクティブ・シャシー・コントロールIIのサスペンションシステムによって、720Sはクラス最軽量のマシンとなっている。

【画像】懐かしい! 「マクラーレンF1GTR」59号車と特別仕様車を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 記事にするなら校閲作業してください。
    多分、関谷監督の漢字違うと思う。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。