電動化を進めるボルボ初の48Vマイルドハイブリッド「XC60 B5」に乗ってみた

スウェーデンのボルボは、2025年までに新車販売台数の100%を電動化モデル(50%を電気自動車、50%をハイブリッド車)にするという「電動化戦略」を進めている。2020年4月23日に日本に上陸した「XC60 B5」「XC90 B5」は、その戦略に基づいた48Vマイルドハイブリッド仕様だ。今回は「XC60 B5 AWD インスクリプション」に乗り、ガソリンモデルとの違いを確認してみた。

今後登場するボルボ車はすべて電動化されていく

 2020年以降のニューモデルはすべて電動化すると発表したボルボだが、その公約に沿ってリリースされたのが、48V(ボルト)マイルドハイブリッドと呼ばれるシステムを持つ「XC60 B5」だ。

ボルボ「XC60 B5 AWD インスクリプション」の高速走行。WLTC燃費は11.5km/Lだが、取材時は13km/Lを記録した
ボルボ「XC60 B5 AWD インスクリプション」の高速走行。WLTC燃費は11.5km/Lだが、取材時は13km/Lを記録した

 電動化といってもBEV(100%電気自動車)というわけではなく、エンジンは搭載しているが減速時の回生エネルギーをリチウムイオンの二次バッテリーに貯め、電気モーターの補助で走ることができるところが電動化なのだ。

 BEVに一番近いのが、外部から充電できるPHV(プラグインハイブリッド)で、次にHV(ハイブリッド)があり、素のエンジン車に一番近い48Vマイルドハイブリッドの順番で並ぶ。

 もちろん、BEVに近いほど貯めた電気で走行可能な距離が長くなるので、燃料消費は少なく走行中のC02の排出量も少なくなる。ただし大きな二次バッテリーと電気モーターを搭載しなくてはならないので重量が増し、コストは高くなる。

 今回登場したXC60 B5は、素のエンジン車に一番近いマイルドハイブリッドだが、これがこれからの電動化されたボルボモデルのベースシステムになると思われる。

 48Vで回すのは、ベルトISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)だ。

 通常よりも大きめのモーターをスターターとジェネレータ(発電機)として兼用し、ベルト駆動している。エンジンで走行中にもスターターモーターを使って48Vで駆動のアシストができるのだ。

 通常のクルマのバッテリー電圧は12Vだから、48Vというのはその4倍の力が出せると考えてもいい。駆動するモーターの出力は10kW/3000rpm、トルクは40Nm/2250rpmを発揮する。

 ブレーキペダルはバイワイヤーになり、ペダル踏力に合わせて減速エネルギーを回生できる。得られた電気はリチウムイオンバッテリー(0.5kWh)に貯める。

【画像】ボルボ初のマイルドHV「XC60 B5」を画像でチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント