ネットオークションで車が安く買える? 落札のポイントやトラブル回避法とは

いまでは、「ヤフオク!」などに代表されるネットオークションでクルマを購入するのも珍しくなくなりました。しかし、実際に利用するには不安を感じる人も多いでしょう。そこで、ネットオークションへの参加方法や、注意点、落札後に必要になる書類などを紹介します。

ネットオークションでクルマを売買 どうやるの?

 クルマを買う場合、新車は新車ディーラー、中古車は中古車販売店で購入することが多いです。

 しかし昨今はインターネットの普及により、新しい売買の手段として、「ヤフオク!」
などに代表されるネットオークションが台頭してきています。

ネットオークションではクルマを安く購入できる(画像はイメージ)
ネットオークションではクルマを安く購入できる(画像はイメージ)

 ネットオークションは、基本的に個人売買のため中間マージンがなく、多くの場合で売る人にとっては下取や買取に出すより高く手放せ、買う人にとっては中古車店での相場より安く手に入れられることから、「お得な売買手段」として認知されるようになりました。

 もっともいまでは、ネットオークションを利用するのは個人だけではなく、中古車販売店なども広告代わりに出品していることがあり、そうしたケースでは店頭での販売価格とそれほど変わらないことも多いようです。

 ネットオークションというと難しそうに感じられますが、売りたい人と買いたい人を結びつけるのがネット上になるだけで、やっていることは昔の雑誌にあった個人売買コーナーと基本的には変わりません。

 大きな違いは購入価格の決定が競売形式なことで、出品者が設定したオークション終了時間に、もっとも高い金額を入札している人が購入の権利を得られるというシステムです。

 オークションによっては出品者により「即決価格」が決められているものもあり、そうしたオークションでは終了時間前であっても入札額が即決価格に達した時点でオークションは終了。その金額を入札した人が権利者となります。

 オークションへの参加は、サイトの運営会社により多少の差はありますが、一般的には最初に会員登録して、出品物(クルマ)に自分が払ってもいいと思える金額を入札するだけ。金額を打ち込み「入札」ボタンを押すだけと簡単です。

 気になる諸費用ですが、ほとんどの場合は「リサイクル預託金(1万円から2万円程度)」が必要になります。

 あとはケースバイケースで、出品者が中古車販売店の場合は落札価格に消費税がかかりますが、個人の場合は不要だったり、車検が残っていれば自動車税の月割額が必要になることもあります。

 なかには名義変更に必要な書類を作成するという名目で独自の費用を徴収したり、自賠責保険の月割額を請求する出品者もいれば、逆にリサイクル預託金や月割自動車税なども落札価格にコミコミの出品者もいます。

 また、落札者がどこまで自分で手続きをするかによっても金額は変わってきます。自身でクルマを取りに行かずに運んでもらえば陸送費がかかり、名義変更や車庫証明を出品者にお願いすれば代行手数料が必要です。

 詳細はオークションの説明文に記載されていることがほとんどなので、写真だけでなく文章のチェックも必須です。

 もし熟読しても不明な点があれば、オークションの「出品者への質問」機能を利用して積極的に質問をしましょう。

 質問への回答がない、あるいは回答に納得ができない場合はトラブルになる可能性が高いと考え、入札はあきらめたほうが無難です。

【画像】ネットオークションでクルマを売買するときの注意点を見る!(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント