スバルが全面刷新の新型「レヴォーグ」生産の準備開始! 現行車を突如受注終了へ

スバルが突如、人気モデル「レヴォーグ」のオーダーストップを実施します。また同時に「WRX S4」もオーダーストップとのこと。スバルは先日「レガシィ B4」「BRZ」のオーダーストップを公表したばかり。なぜこのタイミングでオーダーストップなのでしょうか?

現行型のオーダーストップで新型レヴォーグいよいよ生産準備へ

 スバル「レガシィ B4」が6月22日。「BRZ」も7月20日でオーダーストップになることは既報通り。そして驚いたことに「レヴォーグ」の現行モデルと、「WRX S4」も突如5月25日注文分でオーダーストップになるという情報が入ってきました。レヴォーグは5月下旬といわれていましたが、WRX S4についていえば「年内にも」という漠然とした話だったように思います。

 いったいなぜこの時期にオーダーストップなのか? レヴォーグの場合、フルモデルチェンジを控え、2019年の東京モーターショーでエクステリアを公開した新型の生産が始まるためだからです。

突如オーダーストップとなった現行型のスバル「レヴォーグ」
突如オーダーストップとなった現行型のスバル「レヴォーグ」

 ご存知の方も多いと思いますが、新型車は発売の1~2ヶ月前から生産を開始します。いつから生産ラインに流し始めるかを決めるため、早めに現行車の生産計画を立てておきたいということなんだと思います。

 WRX S4も、実はすでにオーダーストップしたWRX STIより、レヴォーグと兄弟関係なのです。

 この2車種のオーダーストップ、スバルから300馬力級の高性能エンジンが無くなることを意味します。それにばかりか、7月20日に200馬力のBRZもカタログから消えてしまいます。「アメリカで販売している260馬力の2.4リッターターボを日本でも売ればいい」と思うかもしれませんが、後述の通り日本は2020年から厳しい燃費規制が適用されます。

 漏れ伝わる話によると、新型レヴォーグは1.8リッター直噴ターボ仕様になるようだけれど、どちらかといえば燃費重視となる模様。最高出力も200馬力程度のようです。考えようによっては初代レガシィの2リッターターボは200馬力でしたから、イメージ的にはそこから再スタートということかもしれません。

 しかも燃費は2020年規制をクリアするべくJC08モード燃費の20.3km/Lをクリアしている?

2019年の東京モーターショーで初公開された新型「レヴォーグ」のエクステリア
2019年の東京モーターショーで初公開された新型「レヴォーグ」のエクステリア

 実用燃費で考えたら初代レガシィターボの2倍くらい走るということです。ちなみにWRX S4絶版の理由は、燃費規制のためです。地球温暖化ガスを減らすため、日本もCAFEと呼ばれる自動車メーカー毎の平均燃費基準を作りました。それがJC08モード燃費で20.3km/Lという数値です。スバル全ての車種の平均でクリアしなければダメなのです。

 WRX S4のJC08モード燃費は13.2km/Lで、スバル全体の足を引っ張ってしまいます。逆に考えれば、今後は燃費の悪い高性能エンジン車を販売出来ない、ということになります。アメリカで2.4リッター260馬力エンジンを販売出来るのは、燃費規制が緩いからです。日本と同じく厳しい燃費総量規制を始めるヨーロッパも、スバルの高性能エンジンは絶版になります。

【画像】ブラックのロゴがカッコいい! レヴォーグ特別仕様車をチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 水平対向の限界だろね、ボクサーディーゼルが退いた第一の理由は実は排ガス規制以前に片バンクの剛性不足?なんて話も聞いたし
    それと疑わしい低重心?レオーネやスバル1000時代はエンジンルームのスペースを利用してボンネット下にスペアタイヤを搭載していたし、スバルのエンジニアも然して低重心とも思ってなかったのが本心だろね。
    スバルの登録車は他にジャスティとかドミンゴとか何れも軽の延長線上の車だったけど逆に自社製のCVTとか軽に登録車並みのコストを注いだ製品開発が本来のスバルだと思うけどね。
    何かとAWDが話題のスバルだけど水平対向のFFも基本的には縦置きレイアウトのFFなので前輪駆動とは本来はこうあるべきではないか?とも思わせてくれるし、初代ターセルやカローラ2なども縦置きレイアウトのFFで、同じ横置きでもエンジンの真下にミッションを配置したチェリーとか悪い癖も妙に憎めない心地好い癖と言うか?今の時代は車両諸元がすっかりカタログの後書きのような角に追いやられてしまってるが一体誰の責任なんでしょうかね〜?W

    • 今の車に諸元も構造も関係ないからでしょう。
      そんな車を求める人より環境問題が先になった時代に。

    • ?その環境性能も陸運支局に提出する審査用諸元には明記されてんですけどね。
      環境重視でエコカーを買う人は少数でしょうね、諸元、構造を重んじない証にレクサスのLSやセルシオより小回りが効かない大衆車が出回るのも当たり前のも話ですよね。
      因みに2代目プリウス以降は諸元では最小回転半径はセルシオと同等か以下ですが実際の小回り性能はセルシオが勝りますね、これが3代目セルシオの30系とアルファードでは諸元でもセルシオが勝ります、アルファードと諸元で並ぶのはレクサスLS600ですが実際はLS600のほうが小回り性能は上ですね。
      昔の話ですがFFの後軸にチェーンを巻いている人がいましたが構造を知らずに安物に飛び付く典型ですね、早い話が良い品物には投資すればいいだけなんですね。
      税金逃れを目的にエコカーで環境大義になんてチャンチャラ笑える話で、最近多いブレーキとアクセルの踏み間違いが本当だとしたら踏み間違いの原因って高齢者ではなく諸元構造を無視した買い物が原因なのではないですかね?

    • 構造と諸元が関係ないわけないだろ