女性が運転するとカッコイイ! オススメの国産MT車5選

新車の販売比率が2%未満ともいわれるMT車ですが、操る楽しさはAT車では味わえません。そこで今回は、MTに苦手意識がある女性でも運転しやすいMT車を5台紹介します。

絶滅危惧種のMT車 女性におすすめのモデルは何?

 最近ではAT限定免許を取得する人が増えており、その割合は6割以上と年々増加傾向です。

 女性のみならず、男性もAT限定免許を取得する人が増えているようですが、逆にいえば、4割の人は今でも限定ではない普通免許を取得しているのです。

 せっかく普通免許があるのに、MT車を運転しないのはもったいないのではないでしょうか。

 AT車でもパドルシフトなどのMTモードでシフトチェンジすることはできるため、MT車は不要になることも考えられますが、MT車はクラッチとシフトを手足で操作することにより、自らがクルマを操る一体感を感じられるのが魅力です。

 そこで今回は、「普通免許はあるけどMT車は無理」と思っている女性でも運転しやすいMT車を5台紹介します。

軽2シーターオープンカーのホンダ「S660」
軽2シーターオープンカーのホンダ「S660」

●ホンダ「S660」

 軽オープンカーとして2015年に登場したS660は、軽自動車という枠にとらわれない本格スポーツカーを追求し、ホンダらしい「走る喜び」の実現を目指して開発されました。

 スポーツカーの醍醐味である、曲がる楽しさを最大限に体感できるよう、高い旋回性能にこだわり、ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。

 エンジンは、低回転域から力強く、高いアクセルレスポンスの専用ターボチャージャーを搭載。トランスミッションには、軽自動車初の6速MTを採用しました(CVTも設定されています)。

 なお、2020年1月にマイナーチェンジし、内外装のデザインなどが変更されています。

 着座位置が低く狭い室内空間は、男性では窮屈に感じてしまいますが、女性が乗るのには問題ありません。コンパクトな室内空間は包まれ感があり、クルマとの一体感を感じられます。

 ルーフは脱着式のソフトトップ「ロールトップ」を採用し、屋根を開けてオープンエアを楽しめます。ロールトップは、女性には少々重いかもしれませんが、持てないほどの重さではありません。取り外したロールトップは、ボンネット内の収納スペースに格納することができます。

 また、腿から腰にかけて風を送り込めるエアアウトレットが設置され、寒さ対策も問題なく、快適な室内空間を実現しました。

 一方、エンジンが車両のリアに搭載されているためトランクスペースがなく、荷物を載せるのは助手席かボンネット内のロールトップの格納スペースしかない点は注意が必要です。

 オプションで専用キャリアーベースが設定されており、ルーフの上に荷物を載せることもできます。

 S660の価格(消費税込、以下同様)は、203万1700円から232万1000円です。

●日産「ノート NISMO S」

 日産のコンパクトカーで絶大な人気を誇るノートは、2016年に電動パワートレイン「e-POWER」が追加設定されたことで、販売ランキングの上位にランクインしています。

 モーター駆動による力強くスムーズな走行性能と静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しで加減速をおこなえる「e-POWER Drive」が高い評価を得ているといいます。

 そんなノートには1.6リッターガソリンエンジンと5速MTを組み合わせた「NISMO S」という、ノート唯一のMTモデルがラインナップしています。

 ノート NISMO Sは、日産車のコンプリートカーを数多くラインナップするNISMOブランドのモデルで、内外装のデザインにNISMOを象徴する赤いアクセントを盛り込み、スポーツ志向のクルマに仕上げました。

 コンパクトなボディで扱いやすいのも、女性にはうれしいところ。NISMO S専用のエキゾーストシステムからは心地よいサウンドが響き、MT車を操っている楽しさが味わえます。

 ほかの人とは違う個性を求める人にはオススメの1台だといえます。

 ノート NISMO Sの価格は237万1600円です。

【画像】女性が乗ると映えるMT車をチェック(51枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 長年に渡りCVTの伝達効率の悪さを隠蔽しておきながらチョロチョロMT車を設定する企業ってバカなのかね?

  2. せっかくMTも運転出来る免許があるのに
    ATばかり乗ってるな