イケてるのに出るのが早すぎた!? 今なら需要がありそうな車3選

車中泊に最適! いまこそ発売してほしいモデルとは!?

●ホンダ「S-MX」

コンパクトなサイズで取り回しが良く、車中泊にも適した「S-MX」
コンパクトなサイズで取り回しが良く、車中泊にも適した「S-MX」

 1996年に発売されたホンダ「S-MX」は、若年層をターゲットに開発されたトールワゴンです。当時のホンダは「クリエイティブムーバー」というコンセプトのもと、「オデッセイ」や「CR-V」、「ステップワゴン」を次々と発売し、S-MXはシリーズ第4弾にあたります。

 外観の特徴としては、運転席側が1ドア、助手席側が2ドアの変則4ドアハッチバックとなっており、当時ヒットしていたアメリカ製ミニバンのシボレー「アストロ」を小さくしたようなデザインでした。

 シャシはステップワゴンをベースにショートホイールベース化され、室内は前後ベンチシートの4人乗りで、後に5人乗り仕様が追加されます。

 このシートは前後フルフラットにすることが可能で、サイズは一般的なセミダブルベッドと同等でした。

 また、カスタマイズカーのように車高が15mm下げられた「ローダウン」モデルがラインナップされるなど、若者から高い評価を得てヒットします。

 しかし、より広い室内で多人数乗車できるミニバンの人気が高まると、販売は徐々に低迷。2002年に1代限りで生産を終了しました。

 S-MXと同様なコンセプトで開発された、後発のトヨタ「bB」の人気が高かったことを考えると、出るのが早すぎたのかもしれません。

※ ※ ※

 新型車の開発には莫大な費用と時間がかかりますから、販売目標に到達できなければメーカーにとって大損害です。

 だからといって、ほかと同じようなクルマをつくっても、ヒットしません。

 入念な市場のリサーチをおこなったうえで新型車の開発はスタートしますが、必ずしも売れるとはかぎらないのが、難しいところです。

【画像】いまならもっと売れそう!? 意外とイケてるクルマを見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事