トライアンフのラグジー・クラシック「ボンネビル ボバーTFC」は、世界限定750台!

トライアンフは新型「ボンネビル ボバーTFC」を、2020年3月27日に発売すると発表した。

完全無欠を貫く孤高のマシン

 トライアンフから2020年3月27日、新型「ボンネビル ボバーTFC」が発売される。

トライアンフ新型「ボンネビル ボバーTFC」
トライアンフ新型「ボンネビル ボバーTFC」

「ボンネビル ボバー」は2017年に登場し、まったく新しいクラシックサブカテゴリーを創造したモデルだ。発売以来、比類ない信頼性とハンドクラフトカスタムスタイル、見事なエンジニアリングで、新たな熱狂的ファンを開拓してきた。

 そして、その新型となるボバーTFCは、2019年1月に登場した「スラクストンTFC」、同年4月に登場した「ロケット3 TFC」に続くTFCシリーズの三台目で、まったく新しいトライアンフ ファクトリー カスタムモデルとなる。

 ベースモデルであるボバーより5kg軽量化されたボバーTFCの高性能な1200ccエンジンは、10馬力アップとなる87馬力/6250rpmを発揮。最大トルクも4Nmアップとなる110Nm/4500rpmまでの向上を果たしている。

 また、外観も専用のクリップオンハンドルやカーボンファイバー製のボディパーツ、リアルレザーシート、専用ペイント、ブラックアルマイトされたホイールなどが備えられ、豪華な印象だ。

 さらに、プレミアムなファクトリーカスタムの証であるシリアルナンバー入りプラークとユニークなバッジやボバーTFC特別ハンドオーバーパックも設置される。

 ボンネビルシリーズの最高峰モデル、新型ボンネビル ボバーTFCの価格(消費税込)は、238万9000円。世界限定750台の販売だ。
 
※ ※ ※

●トライアンフ 新型「ボンネビル ボバーTFC」
・車両価格(税込):238万9000円
・エンジン:水冷SOHC並列2気筒ガソリンエンジン
・排気量:1200cc
・最高出力:87馬力/6250rpm
・最大トルク:110Nm/4500rpm
・トランスミッション:6速
・タイヤ:100/90/R19(フロント)、150/80/R16(リア)
・燃料タンク容量:9L

【画像】トライアンフのファクトリーカスタムモデル!新型「ボンネビル ボバー TFC」を画像で見る(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント