シルバー塗装がトレンド!? SUVからミニバン・軽ワゴンの共通点とは…

SUVブームが定着化した最近では、ミニバンや軽自動車でもSUVテイストを盛り込んだモデルが続々登場しています。それらのモデルでは、ある共通点が存在。それはどのようなものなのでしょうか。

SUVやSUV風の定番「スキッドプレート」って何?

 最近のSUVやSUVテイストを盛り込んだミニバンや軽自動車などを見ると、前後バンパーの下部がシルバーに塗装されていることが多くなっています。なぜ、各社のモデルでシルバーに塗装されたデザインが採用されているのでしょうか。

もっとオフロード感あるSUVデザインに! 高い人気を誇るトヨタ「RAV4」
もっとオフロード感あるSUVデザインに! 高い人気を誇るトヨタ「RAV4」

 トヨタ「RAV4」をはじめ、スバル「XV」、三菱「RVR」、日産「エクストレイル」など、前後のバンパー下部がシルバーになっているモデルは非常に多くなっています。

 また最近では、ホンダ「フリード クロスター」やスズキ「ハスラー」、三菱「eKクロス」といった、ミニバンから軽自動車にまでこうした外装パーツが採用されているのです。

 ちなみにRAV4の装備一覧表を見てみると、「アドベンチャー」グレードのリアバンパーには『スキッドプレート』という名前が記されています。このスキッドプレートとは何なのでしょうか。

 スキッドプレートとは、アンダーガードの一種。アンダーガードは、ラリー車などがグラベル(未舗装路)を走行する際、路面からの跳ね石などからエンジンやミッション、デフ、駆動シャフトといったパワートレインを保護するためのものです。

 一般的にはアルミ製の板で、WRC(世界ラリー選手権)マシンなどは、車両の下部のほとんどをアンダーガードで覆っています。

 スキッドプレートは、こうしたアンダーガードとは、若干違う目的を持っています。生まれたのは1980年代のオフロード4WDの時代。

 オフロード4WDは、土や岩の凹凸路面を走破するのが得意ですが、凸になっている部分を通過する際、バンパー下部やエンジン、デフなどを接触させてしまいます。

 スキッドプレートは、車体を路面とのヒットから守ると同時に、接触したときに滑りやすくして、亀の子スタックを防止するために生まれました。

 そのために、「スキッド(滑る)」プレートという名称なのです。元々のアイディアは、バイクのトライアル競技から来たともいわれています。

 スキッドプレートは、当初は主に4WDトライアルという競技をするクルマが装着していましたが、付けるとヘビーデューティな雰囲気を醸し出すことから、競技をしないユーザーにも広がっていきます。

 1990年代に入ると、自動車メーカーさえもドレスアップ効果だけを主眼としたスキッドプレート風パーツを採用したモデルを積極的に投入。本来の目的はいつしか忘れられ、4WDカスタムの定番アイテムとなっていきました。

【画像】SUVだけじゃない! ミニバンから軽自動車まで共通するものを見る!(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント