日産新型「ルークス」がプレミアムでスポーティに! 軽に「AUTECH」初設定

日産新型「ルークス」にプレミアムスポーティな「AUTECH」が設定されました。プレミアムスポーティを目指した「ルークスAUTECH」は、どのようなクルマなのでしょうか。

日産 ルークスの詳細情報を見る

オーテックジャパン創業の地である湘南の海と空をイメージした「青」が特徴

 日産の関連会社であるオーテックジャパンは、新型「ルークス AUTECH(オーテック)」を、2020年3月19日より発売します。価格(消費税込)は、2WDが174万7900円、4WDが188万2100円です。

 これまでAUTECHブランドとして、「セレナ」「ノート」「エクストレイル」「リーフ」が設定されていますが、軽自動車に設定されるのは初めてとなります。

日産新型「ルークスAUTECH」
日産新型「ルークスAUTECH」

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴。

 プレミアムスポーティをコンセプトとし、オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の海と空をイメージしたブルーをアイコニックカラーとしています。

 新型ルークス AUTECHの外観は、AUTECHブランド車に共通する表現であるドットパターンのフロントグリルを採用。ドットパターンはジュエリーのような丸みを帯びたデザインとし、プレミアムでエレガントな印象としました。

 また、フロントバンパーに施したアクセントやドアミラー、アウトサイドドアハンドルをシルバーカラーとしたほか、専用デザインのアルミホイールを採用することで、上質さと洗練さが目を惹くスタイルに仕上げています。

 内装は、ブラウンとアイボリーの2色を配色し、シート地やインパネにレザー調素材を採用することで、暖かみがあり上質な心地よさに包まれるような空間を演出。シートやインパネ、専用カラーの本革巻ステアリングには、ブルーステッチを施しました。

 ボディカラーは、「アトランティックブルー」、「アッシュブラウン」、「ホワイトパール」のそれぞれに、「ブラック」のルーフを組み合わせたAUTECH専用の2トーンカラーを含む、全9色がラインナップされています。

 また、オーテックジャパンは、新型ルークスの「ライフケアビークル(LV)」を発表し、2020年3月19日より発売します。

 新型ルークスの「ライフケアビークル」シリーズは、ベース車の広い室内空間を活かして、家庭のみならず、福祉施設や病院などのニーズにも対応するバリエーションを設定しました。

●助手席スライドアップシート

 助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、クルマへの乗り降りが容易にできる車両です。新型ルークスの広くて快適な室内空間とゆとりのあるドア開口高により、頭上を気にせず安心して乗り降りができます。

●送迎タイプ

 福祉施設や病院などで、少人数や住宅地の狭い道での送迎時に利用者がスムーズに乗り降りし、走行中もより安心して乗車ができるような工夫が施されています。

 今回、「NV350キャラバン」やセレナで好評を得ている「送迎タイプ」を軽自動車に初めて設定し、ラインアップの拡充を図りました。

 助手席側スライドドア部には握りやすい大型乗降用グリップを設置。また後席用に、走行中に体を支えることができるグリップを装備しています。

 加えて、汚れが簡単に拭き取れる防水シートやラゲッジトレイを採用したほか、乗車時に利用者の杖を収納できる杖立てや、荷室に歩行器や車いすを固定できるゴムネットを搭載しました。

 また、利用者の状態に応じて選べるよう、オートステップや助手席スライドアップシートなどもオプション設定しています。

 価格(消費税非課税)は、助手席スライドアップシートが180万1000円から207万1000円、送迎タイプが147万700円から176万8800円です。

【画像】グリルがキラキラ! 日産新型「ルークスAUTECH」の内外装をチェック(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント