RAV4がランボルギーニに大変身!? 高級SUV「ウルス」に激似なモデルをお披露目!

2020年2月に開催されたカスタムカーの祭典「大阪オートメッセ2020」。多くのカスタムモデルが展示されているなかで、ひと際目を引くカスタムモデルがありました。それは、トヨタ「RAV4」をベースにしたランボルギーニ「ウルス」ともいえる個性的なモデルだったのです。

ランボルギーニ「ウルス」に激似な「RAV4」をお披露目!

 2019年4月に登場したトヨタ「RAV4」ですが、国内のSUV市場では高い人気を誇ります。そんなRAV4を高級SUVのランボルギーニ「ウルス」に激似な外観へ変身させたコンプリートモデルが「大阪オートメッセ2020」でお披露目されました。

ランボルギーニ「ウルス」に激似なカスタマイズが施されたトヨタ「RAV4」
ランボルギーニ「ウルス」に激似なカスタマイズが施されたトヨタ「RAV4」

 RAV4は登場直後から高い人気を誇るSUVですが、カスタマイズ業界でもベース車として注目されています。

 この“RAV4ギーニ”ともいえるモデルは、山口県で新車や中古車、輸入車の販売をおこなっている株式会社シーザーが手掛けたカスタムカーです。

 カスタマイズは、Albermo(アルバーモ)というブランドで展開されています。フロントバンパー、リアバンパー、サイドメッキモールといったパーツを装着し、トヨタの安全機能「トヨタセーフティセンス」にも対応しています。

 また、フロントバンパーにはトヨタの安全機能「トヨタセーフティセンス」にも対応するカバーやブランケットが付属するほか、オプションとしてLEDデイライトや左右ハニカムメッシュを設定しました。

 足元には、「HOMURA製22インチアルミホイール」を装着。RAV4の純正サイズが17インチから19インチのため、22インチに大径化され迫力が増しています。

 RAV4のウルス仕様について、販売担当者は次のように話します。

「普段は、トヨタやダイハツなどの新車販売をおこなっていますが、トヨタが全店で全車種を扱い始めるなど、何か特色が無ければ販売店として生き残れないのではないかと考えました。第一弾として、フェラーリのような『プリウス』のカスタムカーを手掛け、第二弾でRAV4を企画しました。

 RAV4のエアロパーツは、大きくて制作するのが大変なため、月に3つほどしか作れず、現在制作しているパーツも成約済みです。また、展示車両のボディカラーはランボルギーニの本国から取り寄せています」

※ ※ ※

 発売されたばかりのRAV4をランボルギーニのような迫力あるスタイルにカスタムできるアルバーモ。ほかのカスタムでは物足りないというユーザーには、オススメのカスタマイズモデルかもしれません。

トヨタ RAV4 の詳細を見る

【画像】ウルスに激似!? RAV4のカスタマイズモデルを見る!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント