絶滅危惧車がお買い得!? ちょっと前の高性能セダン3選

ランエボは買えないけど、これならイケる!?

●三菱「ギャランフォルティス ラリーアート」

過激すぎない性能で実用的な「ギャランフォルティス ラリーアート」
過激すぎない性能で実用的な「ギャランフォルティス ラリーアート」

 スバル「インプレッサ WRX」と世界ラリー選手権で競いあっていた三菱「ランサーエボリューション」も、2015年発売の「ランサーエボリューション ファイナルエディション」をもって生産を終了してしまいました。

 そのため、最終モデルは現在も高額で取引されています。

 この最後のランサーエボリューションXは、ランサーの後継車である「ギャランフォルティス」をベースに作られていましたが、じつはギャランフォルティスにも高性能モデルがラインナップされていたのです。

 それは、2008年に発売された「ギャランフォルティス ラリーアート」で、「ラリーアート」とはかつて三菱のモータースポーツ活動で名を馳せたブランドでした。これまでラリーアートの名前を冠したスポーティモデルは、コンパクトカーの「コルト ラリーアート バージョンR」などがあります。

 ギャランフォルティス ラリーアートには最高出力240馬力を発揮する2リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載され、トランスミッションは「ツインクラッチSST(DCT)」を採用。

 駆動方式はフルタイム4WDのみで、3つの走行モードを選択可能です。

 アクティブヨーコントロール(AUC)こそ装備されていませんが、メカニズム的にはランサーエボリューションXと変わらない内容で、足まわりやブレーキのチューニング、セッティングの方向性が実用重視となっています。

 もちろん、中古車はランサーエボリューションXとくらべて手が届きやすい価格設定です。

※ ※ ※

 ミニバンやSUVの台頭で、セダン人気が低迷している状況ですが、一定のニーズがあるので極端にラインナップが少なくなる事態は避けられそうです。

 なによりも、セダンのドライビングプレジャーはミニバンやSUVよりも高いので、セダンに回帰したいと考えているユーザーも少なくないのではないでしょうか。

【画像】興味ある人は急いで! 手が届きやすい高性能セダンを見る(13枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事