速くて広い! MINIの限定車「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」発売!

BMWは、ミニ史上最速モデルとして2019年に発表された「ミニ ジョンクーパーワークスGP」の走行性能と、「ミニ クラブマン」の機能性を兼ね備えた「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」の予約注文の受付を、2020年3月2日より開始します。

全世界限定299台の生産、日本へは120台を導入

 BMWは2020年3月2日、ミニ史上最速モデルとして2019年に発表された「ミニ ジョンクーパーワークスGP」の走行性能と、「ミニ クラブマン」の機能性を兼ね備えた限定車「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」の予約注文の受付を開始することを発表しました。

「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」
「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」

 ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディションは、「ミニ ジョンクーパーワークスクラブマン」をベースに、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をコンセプトに開発された限定車です。

 ミニのラインナップの中でもっともパワフルな、最高出力306馬力、最大トルク450Nmを発揮する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し、停止状態から時速100kmまでは、わずか4.9秒で到達するサーキット仕様のモデルである一方で、5名乗車可能な余裕ある室内空間や最大1250リッターのラゲッジスペース、4輪駆動システムなどの高い機能性を備え、多目的に使用したいファミリー層にも適したモデルとなっています。

 また、歴代ミニGPモデルにインスパイアされたエクステリアカラーは、サンダーグレーメタリックにシルバールーフ、チリレッドのミラーキャップというミニGP専用のコンビネーションとなっており、ヘッドライトとリヤライト周りや、フロントグリルの縁取り、ドアハンドル、ミニエンブレムなどのパーツは全て、ピアノブラックに統一。

 サンダーグレーのダークな色調とピアノブラックの光沢感が組み合わさることで、スポーティかつ都会的な印象です。

 さらにDピラーには「GP Inspired」のエンブレムが、サイドエアインテークおよびサイド/リアボディには、チリレッドの専用ストライプなどが施され、ミニGPならではのスポーティなデザインを演出。

 フロントフェンダーのシリアルナンバーは、限定モデルとしての個性を力強く主張し、大径の19インチホイール 「ジョンクーパーワークスサーキットスポーク2トーン」の採用で、エクステリア全体をアグレッシブに引き締めています。

 運転支援機能においては、ストップ&ゴー機能付のアクティブクルーズコントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなどの安全運転をサポートする機能や、視線を動かすことなく速度やナビゲーション情報などを確認できるヘッドアップディスプレイ、自車の視認性を高めるデイライトリング付きのLEDヘッドライトが標準装備されており、タッチパネルとセンターコンソールのミニコントローラーのどちらでも操作可能なナビゲーションシステムやリアビューカメラ、パーキングディスタンスコントロール(フロント&リア)や、縦列駐車をアシストするパーキングアシストなど、便利な機能も多数装備されています。

 ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディションの価格は615万円(消費税込)で、2020年7月頃より順次納車を開始する予定です。

家族で使えるレーシングカー!「ミニ ジョン クーパーワークス クラブマンGP インスパイアードエディション」を写真で見る

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー