人の迷惑考えない? 低速走行「10キロおじさん」何が問題か 10年続けた「逆あおり運転」行為とは

ノロノロ運転で周囲のクルマに迷惑をかける低速走行車は、高速道路などでは最低速度違反の取り締まり対象となりますが、一般道では対象になりません。道路交通法第27条「追いつかれた車両の義務」の対象となるようですが、どういうことなのでしょうか。

後続車はイライラ! おじさんの後ろには長い車列ができることも

 ニュース番組で報道されたこともあり、10年間という長きに渡って時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」が話題です。

 一般道では最低速度違反で取り締まることはできませんが、じつはあまり知られていない「追いつかれた車両の義務違反」によって取り締まり対象となるようです。

低速すぎる走行は後続車をイライラさせる「逆あおり運転」(イメージ)
低速すぎる走行は後続車をイライラさせる「逆あおり運転」(イメージ)

 10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」を続けている男性のことです。

 ノロノロ運転の速度は5km/hから10km/hと、歩くスピードから徐行程度というかなりの低速。片側一車線の追い越し禁止道路では、十数台もの後続車が連なることもあり、周囲は長年、大迷惑しているとのことです。

 後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇することもあるといいます。

 静かな山間部の道路ということもあって、クルマを運転しない住民の間でも、さぞかし不快な騒音になっていることでしょう。

 また、山間部の道路ゆえ見通しの悪いカーブが多いですが、10キロおじさんはカーブの先に停止したり、または停止に近いスピードで走行していることもあるそうです。

 カーブを抜けた先にほぼ停車状態のクルマがいたら、追突事故が起こる可能性も十分にあるでしょう。ノロノロ運転は、事故を誘発する危険な行為といえます。

 これが高速道路や自動車専用道路であれば、「最低速度違反」(高速道路では時速50km、首都高速などの都市高速では30km/hに設定されていることが多い)として取り締まりの対象になりますが、一般道路では対象となりません。

 進路を妨害するように走るノロノロ運転を取り締まることはできないのでしょうか?

 警察交通相談ダイヤルに聞いてみたところ、次のような回答がありました。

「この事例は『逆あおり』ともいえる悪質な行為です。

 一般道路には最低速度は設定されていないので、最低速度違反で取り締まることはできませんが、道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。

 歩くような遅いスピードで延々と走ることは交通の円滑な流れを妨げるもので、後続車にも大迷惑です」

※ ※ ※

 道交法第27条に「追いつかれた車両の義務」という規則があります。あまり聞いたことがないかもしれませんが、かなりユニークな規則です。

 後続車の進路をふさぐようにノロノロ走り、左に寄るスペースがあるのに進路を譲らず走り続けることは、追いつかれた車両の義務違反として取り締まり対象となるようです。

 では、そこが追い越し禁止の道路だったらどうでしょうか。

「追い越し禁止の道路では、たとえ前に遅い車がいても追い越しをすることはできません。

 一方、ノロノロ走るクルマが一時停止をしていれば、それは障害物と見なされ、バス停に停まっているバスなどと同様に、追い越すことは違反にはなりません」(警察交通相談ダイヤル)

【画像】アッ…! カメラが捉えた取締りの決定的瞬間(8枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

32件のコメント

  1. でっこの迷惑者はどうなったのか、調べたの?そこが知りたい。

  2. 家の近くにも似たようなお年寄りの方が、存在しますよ、時期を見て追い越して行っちゃいます。追い越し禁止ラインがある時は、ちょっと小さくクラクションを鳴らして、追い越します。パトカーがいないのを確認をしてから

  3. 第27条(他の車両に追いつかれた車両の義務)について

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00218185-kurumans-bus_a…

    『つまり、30km/h制限の道路を30km/hで走っていても、後ろから法定速度60km/hの自動車が追い付いてきたら、「追いつかれた車両の義務」が発生することになります。』

    という記載がありますが、これは嘘ですよね?

    第27条には、『最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。』と記載されています。

    最高速度が30kmと定められた車両が30kmで走行しているときで、60kmの自動車に追いつかれた時点でその車両はそもそも速度違反しているので、話になりません。「追いつかれた車両の義務」は発生しません。

    最高速度が30kmと定められた車両が30kmで走行しているときで、31kmの自動車に追いつかれた時点でその車両はそもそも速度違反しているので、話になりません。「追いつかれた車両の義務」は発生しません。

    最高速度が30kmと定められた車両が29kmで走行しているときで、30kmの自動車に追いつかれたら、「追いつかれた車両の義務」が発生します。

    最高速度が30kmと定められた原チャが30kmで走行しているときで、最高速度が40kmと定められ35kmで走行している自動車に追いつかれたら、「追いつかれた車両の義務」が発生します。最高速度がそもそも違うからです。

    • 全然違うと思いますが。

    • 30km/h制限の道を40km/hで走行していようと、後ろから追いつかれたら道を譲らなければなりません。
      日本の道路交通法には総明記してありますが、実行する人も少なく、警察も取締をしていないのが問題です。

      遅く走りたい車両は、追いつかれたらハザードを付けてちょっと原則をして左に寄り、さっさと通過させたあとでお望みの速度でゆっくりと走ればよいのです。

      加藤久美子さんの論法が通じるのであるならば、「車両」である自転車が道路の真ん中をゆっくりと10km/hで走行し続けたら、片側一車線の追い越し禁止区間は大渋滞の嵐ですね。自転車は、軽車両なので第一通行帯を走行する義務はありますが、車線の左端を走る義務はありません。

  4. 10キロおじさんに当たった事ないけど、当たったらクラクション鳴らしまくるだろうな。今まで煽られたことが一度もない理由は後続車が後ろからピッタリついてきたら、ブレーキを連続で30回以上押す。すると、やばい奴と勘違いしてくれて追い越すか車間距離を20メートル以上離す。これもテクニックの一つ。

    運転経験がないとこう言う発想は思いつかない。対向車で怒鳴られた経験はあるが後続車からのクレームは30年で1度もない。

  5. >30km/h制限の道路を30km/hで走っているA車に原付C車が追い付いてきた場合にはA車に
    >「追いつかれた車両の義務」は発生しません。

    これは間違いだと思いますが。

    • 30km/h制限の道路を30km/hで走っている乗用車に原付が追い付いてきた場合
      であっても乗用車に「追いつかれた車両の義務」は発生します。
      80km/hで走っている救急車に暴走族が120km/hで追い付いてきた場合
      であっても救急車は道を譲らなければなりません。

  6. >A車が30km/h制限の道路を30km/hで走っていて、後ろからB車(法定速度60km/hの自動車)が追い付いてきたら、A車には「追いつかれた車両の義務」が発生

    えー?制限速度ギリギリで走行する巡邏中のパトカーは、後続車に道を譲ったりしませんよね?
    警察官は「追いつかれた車両の義務」は免除されてるの?

    自動運転車が実用化されても、道を譲るための一時停車の連続で、碌に走れないね。
    自動運転車の乗員もイライラするね。
    それとも自動運転車は、法令違反をしても良い、ということになるのかな?

  7. いいえ、これ自体が「煽り運転」です。

    後ろから接近する行為=アオる ではありません。

    対象が人なら、相手を挑発・扇動・奮起・威嚇する行為が煽りです。
    前か後ろかは関係ありません。

  8. 煽り運転の件で最近思うこと。
    高速道路の追い越し車線をひたすら走り、後続車にわざと煽らせるような走り方をする人が増えた。
    しかもだいたいがドライブレコーダー装着してますステッカー貼ってる(笑)
    わざと煽られようとしていてほんとに迷惑です。

  9. 徐行にノロノロ?ノラリクラリと長文で口数ばかりで言葉の足らない記事だな。

  10. 年に数回 田舎道を走ると出会いますね 珍しくありません 長い場合は十分以上前を走りますね 後ろは数百メートルの車列が続きます 全国彼方此方に居ります 自身は安全運転の心算なのかも知れませんが後続車はイライラです 故意ではないのでしょうが迷惑です その様な運転者の多くは 追い越し規制無しの所では意外と普通に走る方も有りますね。心中は理解に苦しみます 若い時分でしたなら ところかまわず追い越しましたが現在は唯々ついて行くのみです 迷惑千万 取り締まり対象に是非加えて欲しいね。

  11. 自動車が40km制限の道路を40kmで走行している場合、
    緊急車両を除き、後続車を譲る義務は一切ありません。

    加藤久美子は、この基本的な条文解釈すらろくにできていない。
    おそらく普段から煽りまくってるんだろう。

    • 貴方の解釈が間違っています。

    • >布施君

      どう間違ってるの?条文と照らし合わせて教えてくれないかな。

    • 道交法第27条において最高速度は
      「第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度」
      と規定されているので、自動車は常に60km/hとなります。
      走行している道路の制限速度は全く関係ありません。

  12. 自動車が40km制限の追い越し禁止道路を40kmで走行している場合、
    緊急車両を除き、一時停止して後続車を譲る義務は一切ありません。

    そもそも、自動車が40km制限の追い越し禁止道路を40kmで走行している場合、
    後続車は自車に追いつくことができるはずがありません。
    自車に追いつくには40kmを超える速度で走行しなければならないのですが、
    それはそもそも速度違反になるのでできないからです。

    加藤久美子は、この基本的な条文解釈すらろくにできていない。
    おそらく普段から煽りまくってるんだろう。

  13. おい、加藤久美子

    道交法第27条を勝手に捻じ曲げて完全に誤った内容を世の中に広めておきながら、
    本コメント欄で誤りを指摘されたら何しれーっと削除してんだよ。

    何が誤っていたのか記事の中で解説すると共に、
    引用先に謝罪の連絡入れろよ。

    おまえのでたらめな記事のせいで煽り運転が余計広がるじゃないか!!!!

    『つまり、30km/h制限の道路を30km/hで走っていても、』でググって
    検索結果をよくみてことの重大さを自覚しろ!

    • 元記事も間違っていますが、貴方の解釈も間違っています。
      常識や道徳は別として、法第27条は「速い車が来たら避けなさい」
      としか規定していません。

    • あ、でも、誤解を解説することや引用先に謝罪の連絡を入れることはあなたにとって義務ではないので、
      決して強要しません。あなたの自主判断でお願いします。

    • 道交法第27条において
      「追い付いた車両が法令を遵守していない場合はこの限りでない」
      という規定はありません。

    • なるほど、過去記事を読んでわかりました。

      布施氏は久美子氏の上司なんですね。

      どこの記事読んでそう理解したか知りたい?

    • 上司?「布施」は妻の旧姓です。僕の本名ではありません。
      あなたが「加藤久美子」を名乗るほうが紛らわしいと思いますが。

    • わたしは同姓同名です。

      『加藤久美子』が世界中に一人しかいないなんて決めつけないでください。

      加藤久美子氏がフェイクニュースを広めたのにシレーっと記事を削除して
      だんまり決め込んでいるのはいかがなものかと思います。

    • 法律の解釈があまりにも稚拙だとは思ったけど、どうやら貴方は
      単なるクレーマーのようですね。

    • 誰でもいいけど落ち着けよ笑
      どっちも稚拙だわ

    • コメントは根拠を示さないとただの煽りですよ。

  14. 加藤久美子氏へ

    フェイクニュース配信しておきながらばれたらこっそり削除して

    訂正記事の一つも書かないとは、メディアテロに他ならない。

    メディアとしてもう少し責任感もって取り組んだらどうだ、久美子。

  15. 警察交通相談ダイヤルから「道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。」という回答を得たと,言っていますが…
    具体的には「第27条第2項の『できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない』という条文は,『追い越し禁止の道路であれば停車しなければいけない』という意味です。」という回答を,得たんですよね。それなら,そうと明記してほしい。

    そうでなければ,第27条での取り締まりは不可能です。
    記事を読む限りでは,追い越される際に加速をしていないようなので,第1項には該当しないですし。追い越し禁止の道路なので,もし停車が義務でなければ,左側端に寄って走行することは後続車の違反を誘発するだけですし。(もし10キロおじさんが左側端に寄って走行し,後続車が追い越したら,後続車が取り締まりを受けることになります。)

    せいぜい,クラクションの不正使用が第54条第2項に該当し,カーブの先での停車が第44条第2項に該当するだけでしょう。

  16. うちの近所にもいますよ。
    葉タバコ農家ですが県道だろうが農道だろうが、後続車が何台いようがお構いなし。
    まだ60代初めにも関わらず認知症が発症しているのかどうかはわかりませんが、自覚症状が無いようなので早急にMRIなどで検査をしてもらうその家族に伝えたいと思います。

    • 認知症と運転の因果関係は立証されてんですかね?認知症とのたうち回る割にはアクセルとブレーキの踏み間違いの自己申告は何の疑いも無く坦々と調書を作成してますが?
      他人様を運転姿勢で認知症と疑う頭もどうかしてると思いますがね。