一世を風靡したクロカン4WDが激減!? 復活してほしいSUV3選

海外で生き残っている日産のハイエンド4WD車とは

●日産「サファリ」

スタイリッシュなフォルムの最終型「サファリ」
スタイリッシュなフォルムの最終型「サファリ」

 日産はランドクルーザーに対抗する大型クロスカントリー4WD車「サファリ」を1980年に発売しました。

 1987年には2代目にモデルチェンジし、RVブームで人気が急上昇。ラインナップは2ドアのショートと、4ドアのロングがあり、初期は商用車のバンのみでしたが、後に乗用車のワゴンが追加されます。

 エンジンは4.2リッター直列6気筒のディーゼルとガソリンを搭載し、後に2.8リッターディーゼルが追加。トランスミッションは4速ATと5速MTが選択可能でした。

 丸みをおびてスマートな印象の外観だったランドクルーザーに対して、サファリは直線基調のデザインでしたが、その無骨さが評価されます。

 サファリは1997年にフルモデルチェンジをおこない3代目となり、ボディのデザインがスタイリッシュに変貌しましたが、2007年に、このモデルをもって日本での販売を終了。

 現在、後継車の「パトロール」が海外で販売されており、ボディサイズは全長5165mm×全幅1995mm×全高1940mm(5ドア)と、トヨタ「ランドクルーザー200」よりも大型化しています。

 現在の日本市場においてはランドクルーザーが安定した販売を記録しており、勝るとも劣らない魅力を持つパトロールは、日本市場で復活すれば受け入れられる可能性がありそうです。

※ ※ ※

 今回紹介したような本格的なクロスカントリー4WD車は、日本で性能を発揮する機会はほとんどないでしょう。

 しかし、高機能な腕時計と同じように「本物のギア」が持つオーバースペックな性能は、大いに魅力があります。

 RVブームは一過性のものでしたが、クロスカントリー4WD車が放つオーラは、この先も色褪せません。

【画像】 魅力あふれるクロスカントリー4WD車をチェック!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事