レクサスのSUV「NX」「UX」に鮮やかな「色」がテーマの特別仕様車がダブル設定!

レクサスのSUV「NX」「UX」に、特別仕様車が相次いで新設定されます。鮮やかな色を基調としていて、より高級感が高まった仕様となりました。

「ブロンズ」と「ブルー」がテーマの特別仕様車が登場

 レクサスは、同社のSUV「NX300」と「UX200」に特別仕様車「NX300 ブロンズエディション」「UX200 ブルーエディション」を新たに設定しました。

 NX300 ブロンズエディションは、NX300は2020年1月9日に発売されました。一方、UX200 ブルーエディションは同年2月3日に発売されます。

UX200 ブルーエディション
UX200 ブルーエディション

●NX300 ブロンズエディション

 NX300 ブロンズエディションは、「NX300“I package”」をベースに、ブロンズ塗装のアルミホイールを採用。レクサス独自の塗装で、繊細かつ重厚な金属質感を表現しました。

 さらに、内装にもブロンズカラーの専用オーナメントパネルやステッチをあしらうなど、内外装をブロンズカラーでコーディネート。

 特別仕様車専用となるブラック塗装のスピンドルグリルやフレーム、およびボディカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用しています。

 また、安全装備面ではパーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]、ブラインドスポットモニター[BSM]、リヤクロストラフィックアラート[RCTA]を標準設定しています。

 NX300 ブロンズエディションの車両価格(消費税込、以下同様)は2WD仕様が490万円、AWD(4WD)仕様が516万5000円です。

●UX200 ブルーエディション

 UX200 ブルーエディションは、「UX200」(ベースグレード)をベースに専用内装色となる「コバルト&ブラック」を採用しました。

 また、ルーフレール、ハンズフリーパワーバックドア、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]などを標準設定し、装備が充実しています。

 また、UX200 ブルーエディションを含むUX200全車に対して、荷室スペースを拡大したローデッキタイプを標準設定。最大荷室容量310L(アンダーデッキを含む)を確保しました。

 UX200 ブルーエディションはベース車同様に2WD仕様のみの設定で、車両価格は405万円です。

ブロンズで引き締められたレクサスNXがカッコいい! 画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント