日本限定51台! ニュルブルクリンクFF最速モデル、ルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」が日本初公開

ルノー・ジャポンは2020年1月10日、幕張メッセで開催されている世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」で、「メガーヌR.S.トロフィーR」を日本初公開しました。

ニュルブルクリンクでFF車最速タイムを更新したモデルを展示

 ルノー・ジャポンは2020年1月10日、幕張メッセで開催されている世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」にて、「メガーヌR.S.トロフィーR」を日本初公開しました。

東京オートサロン2020ルノーブースで発表、展示される「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」
東京オートサロン2020ルノーブースで発表、展示される「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」

 発表されたメガーヌR.S.トロフィーRは、2019年5月にドイツにあるサーキット、ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)にて、ホンダ「シビックタイプR」が2017年4月に記録した「7分43秒80」を3秒以上更新する「7分40秒100」を叩き出し、見事に市販車FFモデル最速の称号を取り戻したモデルです。

 また2019年11月26日におこなわれた鈴鹿サーキットでのタイムアタックでも、先代メガーヌR.S.トロフィーRが記録した「2分28秒465」を大幅に更新する「2分25秒454」というニューレコードを樹立しています。

 メガーヌR.S.トロフィーRは、メガーヌR.S.トロフィーに搭載されるエンジンと同じ、300馬力/400Nmを発生する1.8リッター直列4気筒ターボを搭載。6速MTを介し前輪を駆動します。

 5ドアハッチバックながら、リアシートを廃した2シーターで、メガーヌR.S.トロフィーと比べて130kgも軽量化。アクラポビッチのマフラーやオーリンズの車高調整式ショックアブソーバー、ブレンボのブレーキ、さらにR.S.専用のブリヂストン・ポテンザS007タイヤなど、さまざまな専用パーツで武装しています。

 メガーヌR.S.トロフィーRは世界で500台のみ生産される限定車で、そのうち30台はエキスパートドライバー向けの専用装備が搭載される「カーボンセラミックパック」という仕様になります。

 車両価格はメガーヌR.S.トロフィーRが689万円、トロフィーR「カーボン・セラミックパック」が949万円です。

 日本での販売台数は、メガーヌR.S.トロフィーRが47台、トロフィーR「カーボン・セラミックパック」4台です。台数が限られているため、販売方法は以下のようになります。

メガーヌR.S.トロフィーR販売方法
販売方法:購入申込み受付順での販売(限定台数に達し次第終了)
購入申込み受付開始日時:2020年1月10日11:00から
購入申込方法:ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申し込みページで受付

メガーヌR.S.トロフィーR「カーボン・セラミックパック」販売方法
販売方法:抽選による販売
購入申込方法:ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申し込みページで受付、またはルノー正規販売店で受付
抽選結果の連絡:2020年1月22日以降、購入申込者に連絡

※両モデルとも購入申込時に申込金として15万円が必要

※ ※ ※

 東京オートサロン、ルノーブースでトークショーをおこなったレーシングドライバー、谷口信輝選手は、「今回、メガーヌR.S.トロフィーRの開発テストに参加しましたが、このクルマは期待のちょっと上をいく、ワクワクするモデルに仕上がっています。クルマがすばらしく反応してくれます。『お前が乗れるのか?』とクルマ側が問いかけてくるような感じなのですが、とても楽しいクルマです」とコメントしました。

世界限定500台! 2シーターホットハッチ「メガーヌR.S.トロフィーR」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント