トヨタ「アルファード」なぜ400万円の価格差がある? ベースと最上級で異なる仕様とは

トヨタの人気ミニバン「アルファード」は、車体価格帯の高さから高級ミニバンともいわれています。また、ひとつのモデルでベースグレードから最上級グレードの価格差が400万円以上あるのも珍しいといえます。なぜ、アルファードのグレードには400万円もの価格差があるのでしょうか。

ベースグレードでも充実の装備だが、購入者はどこに注目している?

 トヨタの人気ミニバン「アルファード」は、約350万円から約750万円と、その価格帯の高さから高級ミニバンともいわれています。

 また、ひとつのモデルで400万円以上の価格差があるのも珍しいといえます。なぜ、アルファードのグレードには400万円もの価格差があるのでしょうか。

高級ミニバンとして人気の「アルファード」
高級ミニバンとして人気の「アルファード」

 現行アルファードは、トヨタの量販ミニバンでは最上級のクラスとして2015年に発売され、登場後まもなく年間3万台から4万台を販売する人気車種となりました。

 さらに、2018年にはマイナーチェンジなどの影響もあり、年間約5万8000台を販売。これは普通車の新車販売台数ランキングでも全体15位という好成績であり、高価格帯のモデルのなかでも圧倒的な人気を誇っています。

 アルファードのラインナップは、2WD/4WD、ガソリン車/ハイブリッド車があり、グレード展開はベースグレードの「X」から最上級の「Executive Lounge S(以下ELS)」までと幅広く、価格帯も352万円から775万2000円(消費税込み)となっています。とくに、同一車種ながら400万円以上の価格幅がある車種は珍しいです。

 アルファードの大きな特徴は「ベースグレードのクオリティの高さ」で、車体サイズでは、全グレードともに室内長が3210mm、同じトヨタのミニバン「ノア」や「ヴォクシー」が室内長3000mm未満であることから、余裕のある広々とした車内となっています。

 さらに、7人乗りモデルであれば、ベースグレードの「X」でもセカンドシートにマニュアルオットマンが装備されており、足元に余裕ができるほか高級感も演出できます。

 また、エンジン性能などの基本スペックでもグレードによる違いはないほか、安全装備ではトヨタセーフティセンスをはじめ充実の装備となっており、ベースグレードとはいえ、最上級グレードにも負けない性能となっています。

 では、基本的な性能や装備が共通しているにもかかわらず、グレード間で400万円以上もの価格差があるのはなぜでしょうか。

 前述とは別のトヨタ販売店スタッフは以下のように話します。

「グレードで大きく変わるのは高級感でしょう。たとえば、シートの材質において、ベースグレードでは布がメインのファブリック生地ですが、最上級グレードでは本革を使用しています。

 また、グレードが上がるほど、『2列目が充実』します。独立性・機能性・オプション装備は格段にアップするため、同乗者に対する『おもてなし』感は別格です。

 最上級グレードは法人様の契約が多いのも、こういった背景があります」

※ ※ ※

 確かに、「X」や「S」の7人乗りモデルでは、2列目は左右どちらかのシートにしかサイドテーブルなどの装備はなく、隣同士の距離にそこまでの余裕はありません。

 対して、最上級グレードである「EL・ELS」では左右が完全に独立したシートで、隣同士を区切るように大型アームレストがあるほか、コンセントや読書灯などの装備が充実しています。

 ベースグレードは全員で楽しむクルマ、最上級グレードは同乗者に楽しんでもらうクルマ、といった要素が強いといえます。

【画像】オラオラ顔が過激すぎ?「アルファード」と「ヴェルファイア」の違いをチェック!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >グレードで大きく変わるのは高級感でしょう。たとえば、シートの材質において、ベースグレードでは布がメインのファブリック生地ですが、最上級グレードでは本革を使用しています。

    ……いや、本当の高級車の後席はウールかファブリックだってば。革張りは雨に濡れてもいい露天御者席だし、LCCが革張りシートを使うのは椅子の掃除が楽だからだし。出来の悪い革張りシートは滑ってシートポジションが一定しないので疲れる。

  2. 高級感ももちろん上がりますがアルファードのグレード間の価格差には、記事の内容以外にエグゼクティブラウンジ はフロントサイドガラスも2枚合わせガラスです、エジンルームと運転席間の防音材も違い防音性能も格段に上がっています。