なぜ「族」仕様のランボ&フェラーリが人気? スーパーカーのカスタム事情とは?

日本独自の「族」スタイルは、グラチャンにルーツがあった

 LB★WORKSの名を一気に押し上げたのは、オーバーフェンダー仕様にカスタムしたランボルギーニ「アヴェンタドール」です。そのスタイルは、70年代のグラチャン発祥のワークスマシンからヒントを得たものでした。
 
 その後、アメリカ生まれの飲料メーカーであるモンスターエナジーとタッグを組み、「LB★WORKS ムルシエラゴ・ドリフト仕様」を製作します。
 
 ドリフト競技のD1でも活躍を見せた斎藤太吾選手を起用して、見たこともない大胆かつ美しいスタイルと、走りで、全世界のカーファンを魅了し、LB★WORKSの手掛けるマシンの凄さをアピールすることに成功しました。

ランボルギーニにオーバーフェンダーを装着するという斬新なカスタム
ランボルギーニにオーバーフェンダーを装着するという斬新なカスタム

 LB★WORKS仕様は、日産「GT-R」、マクラーレン「650S」、マクラーレン「MP4-12C」、フェラーリ「488」、BMW「i8」など、さまざまな車種で展開されていきます。
 
 日本の族文化が生み出したワークスオーバーフェンダーが誇る、「どんなボディにもマッチし、カッコよく仕上がる」汎用性の高さを次々と証明していったのです。

 2019年からは新たなシリーズとなる「LB★シルエットワークス」を展開します。こちらも伝統の「暴走文化・族文化」が生み出したシルエットマシンがモチーフとなっています。
 
 ワークスオーバーフェンダーよりも派手でインパクトのあるシルエットワークススタイルは、現在、ランボルギーニ「ウラカン」とフェラーリ「458」をベースに製作されています。
 
 LB★シルエットワークスの衝撃的ともいえるスタイリングに惚れ込み、注目したのがアメリカの有名アーティスト「ラン・イット!」でお馴染みのクリス・ブラウン氏です。先日、打ち合わせを済ませ、LB★WORKS仕様を正式に注文したそうです。

※ ※ ※

 グラチャン族(暴走族)とは、もともと富士スピードウェイで1971年から開催されていた「富士グランドチャンピオンレース(富士GC)」を観戦するために集まっていた、クルマ好きの人たちのことです。
 
 彼らの愛車は、そのレースに参戦するレースカーのスタイルを参考に改造されていました。その改造車をグラチャン仕様と呼びます。
 
 海外セレブを虜にする「族」スタイルとは、ルーツを辿るとグラチャン仕様のカスタムにあったのです。
 
 なお、2020年の東京オートサロンでは、度肝を抜く新型シルエットワークスのクルマを発表するのでお楽しみに、ということです。

ランボルギーニ ウラカンの詳細を見る

派手なんてもんじゃない! 族車仕様のスーパーカーをたっぷり見る(63枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 竹ヤリ、デッパ、つり革、ロンサム カーボーイ 無しで 族仕様って…何か違うと思う。

    • 合法的に雰囲気を楽しみたい。今のニーズに応えるだけで良いのではないかなぁと思います。

  2. 鬼キャンって性能的な意味有ったの?

  3. オイラはココん家の車カッコいいなんて思えた事一切ないけど、人の好みなんざぁ~それぞれだから、まぁいいんぢゃねぇか?
    きりんさんみたいな恥しいロケットカウルの単車がカッコいいとか思う奴も居るんだなぁ~こう言う田舎臭いのが好みなヤカラなんだろうな?www

  4. これってどこが族仕様なの?GT仕様に近いと思うけど?

  5. 族仕様っていう表現が草
    このかっこよさが分からん連中は自分のセンスを疑った方がいい笑