なぜ「族」仕様のランボ&フェラーリが人気? スーパーカーのカスタム事情とは?

ローダウンしてオーバーフェンダーを装着した改造車は、ひと昔前ならば暴走族車の代名詞でしたが、海を渡ったアメリカ西海岸のセレブには大人気です。いまやセレブ御用達ともいえる「族」スタイルとは、どんなものなのでしょうか?

族車仕様のスーパーカーが、アメリカのセレブに大人気

 現在、日本のカスタムショップが手掛けたクルマが世界で話題となり、大きな人気を得ています。なかでも、アメリカ合衆国全土で脚光を浴びているのが、日本独自のクルマの改造文化である「族」スタイルです。いったい「族」スタイルとはどんなカスタムなのでしょうか?

日本発祥の「族」スタイルを見事にスーパーカーに融合させたリバティウォーク。LBシルエット・ワークスGTのボディキットもウラカンにマッチしている
日本発祥の「族」スタイルを見事にスーパーカーに融合させたリバティウォーク。LBシルエット・ワークスGTのボディキットもウラカンにマッチしている

「族」スタイルのパイオニアは、愛知県に本拠地を構えるリバティウォークというカスタムショップです。代表の加藤渉氏は「普通のカスタムでは面白くない」と、ランボルギーニやフェラーリといったスーパーカーのボディをサンダーで惜しげもなく切断し、リベット留のオーバーフェンダーを取り付けた独自のスタイルを生み出しました。
 
 こうして完成したクルマを、カスタムカーの祭典であるアメリカ・ラスベガスで開催されるセマ・ショーに出展しました。すると、その強烈にインパクトのあるスタイルが話題となり、日本発祥の「族」スタイルとして全世界で一躍脚光を浴びるようになったのです。
 
 リベット留のオーバーフェンダーにローダウンした、斬新なスーパーカーのカスタムは、流行りに敏感な海外セレブをも魅了し、あのジャスティン・ビーバー氏が所有するフェラーリ「458」をリバティウォーク仕様にしたいと申し出るほどでした。
 
 リバティウォークがSEMAショーに初出展したのは2015年のことです。このとき、展示した車両は、通称ケンメリの4代目「スカイライン」でした。
 
 加藤氏が幼少期にもっとも影響を受けたという、日本の暴走族仕様(族車)に仕上げて、それが海外の人にどのように受け入れられるのかを確かめたのです。
 
 この族車仕様のケンメリ・スカイラインは、想像以上の高評価を得ました。そして海外での日本の族車に対する認知度が大いに上がり、同時に「LB★WORKS」という独自スタイルの提案に発展しました。

派手なんてもんじゃない! 族車仕様のスーパーカーをたっぷり見る(63枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 竹ヤリ、デッパ、つり革、ロンサム カーボーイ 無しで 族仕様って…何か違うと思う。

    • 合法的に雰囲気を楽しみたい。今のニーズに応えるだけで良いのではないかなぁと思います。

  2. 鬼キャンって性能的な意味有ったの?

  3. オイラはココん家の車カッコいいなんて思えた事一切ないけど、人の好みなんざぁ~それぞれだから、まぁいいんぢゃねぇか?
    きりんさんみたいな恥しいロケットカウルの単車がカッコいいとか思う奴も居るんだなぁ~こう言う田舎臭いのが好みなヤカラなんだろうな?www