ランボルギーニ「ウラカン」がはたらく車に!? スーパーカーが空港に現れたワケ

2019年12月10日、アウトモビリ・ランボルギーニは、ボローニャ空港での航空機の誘導車に、ランボルギーニ「ウラカンRWD」が使われることを発表しました。

ランボルギーニ・ウラカンが空港で航空機の誘導車になった!

 2019年12月10日、アウトモビリ・ランボルギーニは、空港での航空機の誘導車として、ランボルギーニ「ウラカンRWD」が登場したことを発表しました。
 
 滑走路でウラカンRWDには、どのような任務がまっているのでしょうか。

イタリアのボローニャ空港(正式名グリエルモ・マルコーニ空港)に、航空機の先導車として配備されたランボルギーニ「ウラカンRWD」
イタリアのボローニャ空港(正式名グリエルモ・マルコーニ空港)に、航空機の先導車として配備されたランボルギーニ「ウラカンRWD」

 働く自動車といえば、トラックやバス、それに消防車や救急車などが代表的です。スーパーカーの働く自動車では、ドバイで採用されているパトカーが有名で、イタリアでもランボルギーニ「ウラカン」が実際にパトカーとして使われています。
 
 ウラカンRWDが配備された空港は、イタリアのボローニャ空港(正式名グリエルモ・マルコーニ空港)です。
 
 ランボルギーニ本社のあるサンタアガタ・ボロネーゼ、そしてフェラーリ本社のあるマラネッロ、モデナのマセラティ本社を訪れるために利用する人が多い、いわばスーパーカーメーカーの玄関といえる空港が、ボローニャ空港です。
 
 そのため、ボローニャ空港にはランボルギーニのヒストリックカーや現行車が飾られているブースがあるほか、フェラーリ・ストアも入っています。
 
 こうした背景を踏まえると、ボローニャ空港に誘導車としてウラカンRWDが配備されたのもうなずけます。
 
 ウラカンRWDは、航空機を駐機場所や滑走路に誘導するための「働く自動車」として、ボローニャ空港を訪れる人々を楽しませてくれることは間違いありません。
 
 ボディはパイロットからも識別しやすいようにオレンジに塗られ、ルーフにはオレンジ色のライトバーが装備されています。
 
 また、両サイドのドアにはイタリア国旗のトリコロールが大きくあしらわれ、ルーフからテールエンドへ向かって、トリコロールのラインが入っています。この特別なカラーリングは、ランボルギーニのチェントロスティーレが手掛けました。
 
 車体には「Follow me」と書かれており、空港の管制塔と常に無線でつながっています。
 
 スーパーカー聖地巡礼でボローニャ空港を訪れた際には、働く自動車、ウラカンRWDに注目です。

はたらく車として活躍するランボルギーニをチェック!(22枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー