2020年に日産の逆襲始まる!? 新型「ノート」で新型フィットとアクアに対抗も

日産は、2020年に新型車を5モデル投入すると発表しました。新型電気自動車SUV「アリア」やコンパクトSUV「キックス」のほかに、コンパクトカーの「ノート」がフルモデルチェンジして新型モデルが登場するというのですが、ライバルとなるトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」を凌ぐクルマに生まれ変わるようです。ノートはどのように進化するのでしょうか。

次世代e-POWER搭載の新型「ノート」は2020年に登場か

 2019年12月1日付で日産の新社長に就任した内田誠氏が、新社長記者会見で「2020年に新型車を5モデル投入する」とコメントしました。

日産が2020年に新型車を5台導入すると発表。画像は2020年登場を予定しているSUV「ARIA concept」
日産が2020年に新型車を5台導入すると発表。画像は2020年登場を予定しているSUV「ARIA concept」

 具体的な車種については不明ながら、コンパクトSUVの「キックス」と東京モーターショー2019で発表されている電気自動車SUVの「アリア」が99%確定で、そのほかは「エクストレイル」も間違いないでしょう。残る2車種のうち、1台はどうやら新型「ノート」が含まれるようです。

 2012年に発表された現行ノートは、発売当初は伸び悩んだものの、2016年に電動パワートレインの「e-POWER」を追加するや大ヒットを記録。日産にとって貴重な売れ筋モデルになりました。

 とはいえ、日産からしてみれば、2016年のe-POWERは妥協した技術だったそうです。当時、日本市場専用車に掛けられる開発費は極めて限られており、エンジンの新規開発など不可能だったのです。

 そこで、既存の1.2リッター3気筒エンジンを限られた範囲で改良し、「リーフ」用のモーターと日産の得意分野だったリチウムイオン電池を組み合わせてe-POWERを実現しました。

 2016年のノートe-POWERのデビュー時に話を聞くと、本来なら熱効率の高い発電専用エンジン(高回転まで回さなければ理想的な燃焼を追求できる)を作りたかったといいます。まだまだ燃費を伸ばせる技術なのです。

 ノートe-POWERの燃費は37.2km/L(JC08モード、以下同様)と、トヨタ「アクア」の38.0km/Lにこそ届かなかったものの、37.2km/Lのホンダ「フィットハイブリッド」のレベルに達しています。

 しかも、アクセル踏んだときの加速感に代表されるドライバビリティにおいては、ノートe-POWERはライバルを凌駕しています。

 ノートe-POWERはアクアより広い室内スペースを確保したこともあり、使い勝手で優勢。スペースが広いフィットよりも良く走るため、ノートは評価されました。

【画像】日産が2020年に投入する新型モデルをチェック!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. インチキ評論家がまたクソ記事駄文を撒き散らしてるな。

  2. エスクワイア ハイブリッドが水没してセレナ e-powerに乗り換え。日産車、やっぱりいい‼️若い頃はフェアレディ、スカイライン、セドグロ、ローレルと日産車が憧れだった❗️やっちゃえ日産👍

  3. TIIDAに10年乗っています。コンパクトながら広く明るく視界良好、後席リクライニング。平均燃費は1500ccで14.9km。
    唯一ガッカリは後継車がNOTEと言われた事でした。
    スライドドアは必要ないしDAYZハイウェイスターかek Xを検討中です。