絶滅は秒読み段階!? 1000万円以上の高額なMT車3選

希少となったMTのFRスポーツとは

●BMW「M4クーペ」

BMWのモデルでも数少ないMT車の「M4クーペ」
BMWのモデルでも数少ないMT車の「M4クーペ」

 BMWとは別会社にあたる「BMW M社」は、高性能モデルや特別注文プログラム「BMW Individual」による車両の製造などをおこなっており、「M」が付けられたモデルには特別な性能が与えられます。

 1985年にはスモールモデルだった2代目「3シリーズ」に「M3」が設定され、現行モデルではセダンがM3で、クーペは「M4」となっており、M4のみ6速MTが選べます。

 M4の外観はスタンダードな4シリーズに対してワイド化され、前後バンパーやドアミラーのデザインも専用で、空力性能を向上。

 また、ルーフパネルがカーボンファイバー製となっており、車両重量の軽減と低重心化に貢献しています。

 エンジンは431馬力を発揮する3リッター直列6気筒ツインターボを搭載し、後輪を駆動。より高性能な「M4コンペティション」では450馬力を絞り出します。

 M4の価格は1207万円からとなっており、6速MTモデルは左ハンドルも選択可能です。

※ ※ ※

 F1マシンなどレーシングカーから始まった、速く走るためのATは市販車でも急速に普及しました。

 なかでもDCTの変速スピードは人間がMTを操作するよりも速く、加速性能や燃費性能もMTを凌駕するほどです。

 また、変速を自動でおこなうことで、ドライバーがハンドル操作に集中できるメリットもあり、高性能車ほどAT化が進みました。

 あらゆる性能でMT以上となったATですが、あくまでも公道を走るうえでは、速さよりも操作する楽しさを味わいたいものです。

【画像】いまや超希少!高額MT車を見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー