トヨタ新型「C-HR」はマイチェンでどう変わった? 新設定「GR SPORT」の乗り味はいかに

トヨタの人気コンパクトSUV「C-HR」が2019年10月18日にマイナーチェンジ&GR SPORTを新設定して、発売されました。マイナーチェンジ後モデルと新たなGR SPORTの乗り味を試乗チェック!

C-HRのマイナーチェンジ、吉と出るか凶とでるか

 トヨタのコンパクトSUV「C-HR」が2019年10月18日にマイナーチェンジをおこなったうえ、新たに「GR SPORT」を設定したといいます。

 C-HRのマイナーチェンジ前後とGR SPORTの乗り味は、どうなのでしょうか。

新たに設定された「C-HR GR SPORT」の乗り味はいかに?
新たに設定された「C-HR GR SPORT」の乗り味はいかに?

 マイナーチェンジ後のC-HRの主な変更点は、液晶画面が標準装備となり、Apple CarPlayなどスマートフォンなどの機能を使えるようになったことと、コネクテッドの採用などがあります。

 そして後退時の自動ブレーキやソナーを使う飛び出し防止装置のオプション設定。残念ながら被害軽減ブレーキ(通称:自動ブレーキ)は、昼間の歩行者しか見えないタイプのままです。

 さらに違いをチェックしていくと、驚いたことにダンパーはザックス製から日本製になっています。

 C-HRといえば、ハンドリングの良さと乗り心地の上質さを追求するため、国産ダンパーより高価なザックス製を採用したことが大きなセールスポイントになっていました。実際、トヨタ車のなかでC-HRだけダントツに足回りは良かったと思います。

 実際に、日本製ダンパーになったマイナーチェンジモデル乗ると「う~ん!」。C-HR、ごく普通の日本車の乗り味になっちゃいました。

 正確に紹介すると、乗り心地の良さをいままでと同じ程度に設定したため、ハンドリングが普通になり、コーナーでハンドル切ったときの姿勢変化が大きいです。この違い、ユーザーの皆さんはどう評価するのか楽しみ。

 ちなみに、以前に日産が日本で販売していた「デュアリス」というモデルの生産を、スペインの工場から九州の工場に切り換えましたが、今回のC-HRと同じくダンパーはザックスからKYBに変更されました。

 その途端、売れ行きは急降下して、知らない間にカタログから落ちてしまった。日産のユーザーは、「クルマを見る目がありますね」と、当時は思ったものです。

何が違う?どう進化した? マイチェン前後とGR SPORTを画像で比較!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. トヨタを買うことが神社のおみくじで大凶を引き当てるようなものなのでね。
    初代マジェスタがセルシオを越えてはならない糞詰まりな設計であったようにレクサスに充てられてるUXがある以上はCHRは前座の貧乏くじでしかないだろね
    この辺りがMTを追加したトヨタの本心だろ
    一番質が悪いのはセダンでは業績があがらないレクサスをトヨタ自身が他のトヨタ車を化粧直しでレクサスに卸して肝心のトヨタで買える車の進化を渋らせた企業体質に他ならない
    何でレクサスを越えるトヨタ車があってはならないのか実に不思議
    セルシオを絶版とした後のクラウンの価格上昇に診て取れるように利益を出すならLSもGSもISもトヨタの暖簾から売れば良かっただけの話で単にトヨタから卸したSUVでレクサスが成功したとか大間違いもいいところだろ
    レクサスの地位を保つにトヨタ車がレクサス車を越えてはならない暗示は即に解かねばならんだろ

  2. 欧州車を2台乗り継いだクチですが、今はマイナーチェンジ前のC-HRを所有しています。レンタカーで偶然あてがわれたC-HRに予備知識無しで乗り、日本車離れした感触に驚いて後に購入に至りました。購入を決めた後にダンパーがザックス製と知って納得したものでしたが、変更されてしまったのですね。マイナーチェンジ前に比べて、シートヒーターなど些細なところですがオプションになった物もあり、実質は結構な値上げなのかもしれません。おまけに高評価のGR SPORTだと2WDしか選べませんし、ベースは安価な方のグレードのみ。ちなみにマイナーチェンジ前は、非ハイブリッドの2WDのみダンパーの部品型番が異なり、乗り味も異なって少し普通の日本車的でした。非ハイブリッドの2WDを除くマイナーチェンジ前のクルマに、ブレースでも付けるのが最良なのかもしれません。