日産新型SUV登場なるか? 日本未導入の日産車3選

2019年の日産は、国内で販売するモデルを相次いで生産終了するとアナウンスしています。日本でのラインナップが減っていくなかで、海外で販売されている日本未導入のモデルは数多く存在します。今回は、日本に未導入な日産車を3台紹介します。

小型SUV「キックス」日本への導入はどうなる?

 日産は、2019年に「キューブ」、「ティアナ」、「シーマ」など、国内モデルの生産終了を相次いでアナウンスしています。

 また、最近でもコンパクトSUV「ジューク」の生産終了や、コンパクトカー「マーチ」も一度生産終了し、安全装備などの改良を経て再販売するという噂も出ているほどです。

 そんななか、海外で販売されているコンパクトSUV「キックス」の日本仕様を、2020年の初夏に投入するのではないかといわれています。

 今回は、2019年11月現在で日本未導入の日産車を3台紹介します。

●日産「キックス」

2020年に日本導入が噂される日産「キックス」(画像は北米仕様)
2020年に日本導入が噂される日産「キックス」(画像は北米仕様)

 初代キックスは、三菱「パジェロミニ」のOEM車として販売され、現行モデルは、2016年に登場し現在では世界80カ国以上で販売されているモデルです。

 キックスのボディサイズ(北米仕様)は、全長約4295mm×全幅約1760mm×全高約1585mmとなり、「ジューク」と「エクストレイル」の中間にあたるポジションです。

 外観デザインの特徴は、日産のVモーショングリル、ブーメランヘッドライト、テールライトなどの確立されたスタイルを継承しています。

 パワートレインは、1.6リッター直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力120馬力を発揮。トランスミッションは、CVTを採用しています。

 装備面では、「ヒルスタートアシスト」や「インテリジェントエンジンブレーキ」、「アクティブライドコントロール」といった機能を搭載していますが、日産の国内モデルに多く採用される運転支援システム「プロパイロット」などはありません。 

 北米市場でのキックスの価格は、1万8640ドル(約202万5599円)から2万970ドル(227万8799ドル)です。

 日本に導入する場合、最近の日産車に採用されている運転支援システム「プロパイロット」や同等の先進安全機能が新たに搭載される可能性もあるため、250万円から300万円の価格帯になるのではないかと予想されます。

●日産「マイクラ」

 マイクラという車名は、先代の3代目モデルまで「マーチ」の欧州市場での車名として使われていました。

 しかし、2017年3月には新型マイクラとして、マーチとは別のモデルとなり販売されています。外観デザインは、日産のキーデザインとなる「Vモーショングリル」を採用するとともに、スタイリッシュな印象に変わっています。

 新型マイクラのボディサイズは、全長が3995mm×全幅1743mm×全高1455mmと、現行ノート(全長4100mm)よりも短く、日本では3ナンバー車のサイズです。
 
 パワートレインは、1リッター直列3気筒ターボを設定。シリンダーの壁面にGT-Rと同様のコーティングを施すなど、従来のコンパクトカーとは力の入れ具合が違い、部品同士の摩擦抵抗が減ることで、燃費性能の向上を図っています。

 当時、日産のCEOだったカルロス・ゴーン氏は、次のようにコメントをしています。

「最初のマイクラが30年以上前にデビューした際、小型ハッチバックセグメントにおける革命を起こし、日産にとって新たな歴史の幕開けでした。

 最新のマイクラは、自動車デザインのリーダーとしての日産の地位を強化します。世界で最大かつもっとも競争の激しいBセグメント市場で最高の競争を勝ち取ります」

日本への導入はある? カッコ良すぎる日産車を画像で見る! (24枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント