金髪美女がランドローバー新型ディフェンダーで激走! 「007」最新作の特別映像公開

映画「007」シリーズの最新作「NO TIME TO DIE」に、ランドローバーの新型「ディフェンダー」が劇中車として登場することが判明しました。どのようなシーンで新型ディフェンダーは登場するのでしょうか?

最新「007」の撮影舞台裏から見る、新型ディフェンダーの実力とはいかに!?

 ランドローバーは、「007」シリーズの第25作となる最新作「NO TIME TO DIE」に登場する新型「ディフェンダー」の撮影シーンを公開しました。「007」に登場する新型ディフェンダーは、どのような仕様なのでしょうか。

「007」シリーズの第25作となる最新作「NO TIME TO DIE」に登場する新型「ディフェンダー」の撮影舞台裏
「007」シリーズの第25作となる最新作「NO TIME TO DIE」に登場する新型「ディフェンダー」の撮影舞台裏

 これまで先代「ディフェンダー」は、「007 スカイフォール」や「007 スペクター」などの劇中車として登場したことがあります。ボディカラーはブラックで、悪役が乗るワイルドな仕様でした。
 
 2019年に新型へとモデルチェンジしたディフェンダーが「007」シリーズに登場するのは今回が初めてです。
 
 ランドローバーのデザインチームは、スペシャル・エフェクト、アクション・ビークル・スーパーバイザーのクリス・コーボールド氏と協議を重ね、劇中車のディフェンダーの仕様を決めました。
 
 サントリーニ・ブラックの最上級グレードである「ディフェンダーX」をベースに、ダークカラーのスキッドプレート、20インチのダークフィニッシュホイールを採用し、タイヤはオフロードタイヤを装備しています。
 
 ちなみにこのディフェンダーは、スロバキアのニトラにあるジャガー・ランドローバーの新工場で作られた最初の新型ディフェンダーです。
 
 今回公開された特別映像では、スタント・コーディネーターのリー・モリソン氏と、女性スタント・ドライバーのジェス・ホーキンス氏が登場し、映画の撮影舞台裏が収められています。
 
 リー・モリソン氏は次のようにいいます。
 
「ボンド・シリーズのアクション・シーンの設計やコーディネーションに妥協は許されません。敵との激しい攻防線や急勾配な坂を走破したり、河を渡ったりと、あらゆることに耐えうるクルマが求められています。

 そして選んだのが新型ディフェンダーでした。新型ディフェンダーが大きな進化を遂げて帰ってきたことに驚きを隠せません!」
 
 また、ランドローバーのグローバル・コミュニケーション・ディレクター、リチャード・アグニューは次のようにコメントしています。
 
「『NO TIME TO DIE』の凄まじいカーチェイス・シーンで新型ディフェンダーが使われるのは、その類まれな走破能力を証明するのに最高の舞台となるでしょう。EON Productionsとの関係を継続し、壮大なシーンの制作に協力できることを非常に嬉しく思います。」

 ジャガー・ランドローバーは、1983年の「オクトバシー」で劇中に登場した「レンジローバー・コンバーティブル」から制作会社のEON Productionsとパートナーシップを結んでいます。
 
 「NO TIME TO DIE」では、ほかに「レンジローバー・スポーツSVR」、「ランドローバー・シリーズIII」、「レンジローバー(クラシック)」が登場します。

※ ※ ※

 「007」シリーズの最新作「NO TIME TO DIE」の監督は、キャリー・ジョージ・フクナガ氏が担当します。
 
 ジェームズ・ボンド役は5度目の出演となるダニエル・グレイグ氏です。
 
 「NO TIME TO DIE」は全世界での公開となり、英国では2020年4月2日、アメリカ合衆国では2020年4月10日に公開、日本では2020年4月に公開予定です。

007シリーズの劇中車として活躍するディフェンダーを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント