ラグビーワールドカップ特需か!? 新型ディフェンダーが予約開始4日で完売!

ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新した新型「ディフェンダー」の先行予約モデル「ディフェンダー・ローンチ・エディション」が、予約開始後4日間で予約受注を終了しました。予定台数の150台はどうしてすぐに完売してしまったのでしょうか。

ラグビーワールドカップの優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を運んだディフェンダー

 2019年11月3日よりジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型「ディフェンダー」の先行予約モデル「ローンチエディション」の受け付けをスタートしました。
 
 受付期間は2020年3月31日まででしたが、予約を開始したわずか4日後に150台のローンチエディションの予約受注が終了しました。

ウェブ・エリス・カップは、リッチー・マコウ氏によって新型ディフェンダーのルーフから高々と掲げられた後、ワールドラグビー会長であるビル・ボーモント氏に手渡された
ウェブ・エリス・カップは、リッチー・マコウ氏によって新型ディフェンダーのルーフから高々と掲げられた後、ワールドラグビー会長であるビル・ボーモント氏に手渡された

 先行予約を開始したのは、日本市場向けに最初に生産されるモデルで、「ディフェンダー90ローンチエディション」15台、「ディフェンダー110ローンチエディション」135台です。

 スタート価格は489万円(消費税込)からを設定し、デリバリーは2020年夏頃を予定しています。
 
 じつは、先行予約が開始される前日の11月2日、新型ディフェンダーはアジアデビューを飾っていました。その舞台は、ラグビーワールドカップ2019日本大会表彰式だったのです。
 
 ランドローバーのブランドアンバサダーであるリーチ・マイケル氏が運転する新型ディフェンダーが、リッチー・マコウ氏を乗せて華々しくピッチに登場したシーンを、テレビで観ていた人も多かったのではないでしょうか。
 
 新型ディフェンダーは、決勝戦を制した南アフリカに優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を届ける大役を果たしていたのです。
 
 新横浜国際総合競技場で決勝戦を観戦していた7万人のラグビーファンのみならず、9000万人を超えるテレビ視聴者に、新型ディフェンダーはその個性あふれるシルエットを印象づけたのです。
 
 ウェブ・エリス・カップは、リッチー・マコウ氏によって新型ディフェンダーのルーフから高々と掲げられた後、ワールドラグビー会長であるビル・ボーモント氏に手渡されました。
 
 このような劇的なシーンでアジアプレミアを果たした新型ディフェンダーの広告効果は計り知れません。
 
 また、南アフリカチームの不屈・唯一無二・タフといったイメージともディフェンダーは重なり、これ以上ない演出となりました。
 
 ランドローバーは、ラグビーワールドカップとワールドワイド・パートナーという関係で結ばれています。だからこそ、実現できた新型ディフェンダーのアジアプレミアでしたが、表彰式は日本以外でもテレビ放映されたでしょうから、ワールドワイドで新型ディフェンダーがヒットするのは間違いないでしょう。
 
 ローンチエディションがわずか4日間で予定台数に達したのは、ラグビーワールドカップ決勝翌日から先行予約をスタートした、ジャガー・ランドローバー・ジャパンの作戦勝ちといったところでしょうか。

ウェブ・エリス・カップを運ぶディフェンダーを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント