トヨタ新型「C-HR」にスポーティな「GRスポーツ」登場! 普通のC-HRとはどこが違う?

トヨタのSUV「C-HR」がマイナーチェンジし、2019年10月18日より発売されました。新型C-HRには新たにスポーティグレードの「GRスポーツ」が追加されました。標準仕様とGRスポーツは、どのような点が違うのでしょうか。

C-HRにスポーティグレード新設定! デザインの違いは?

 トヨタのSUV「C-HR」が、2019年10月18日にマイナーチェンジしました。今回のマイナーチェンジでは、外観のデザインがさらにスタイリッシュになるとともに、スポーティグレードの「GRスポーツ」が新たに設定されました。

 標準仕様のC-HR(以下、標準仕様)とGRスポーツとの違いは、どのようなものなのでしょうか。標準仕様とGRスポーツを比べてみます。

左:新型「C-HR GRスポーツ」/右:新型「C-HR」
左:新型「C-HR GRスポーツ」/右:新型「C-HR」

 標準仕様の外観デザインは、フロントのアンダーグリルを左右に広げて大型化。これによりワイド感を強調するスタイルに進化しました。

 また、従来モデルでグリルに内蔵されていたフォグランプを、アンダーグリルの左右に配置するとともに、グリルの上部に長く伸びるLEDクリアランスランプを、デイライトとターンランプのダブルファンクションとしています。

 一方のGRスポーツのデザインは、大開口のアンダーグリルを装着し、メッキパーツを組み込みました。標準仕様のアンダーグリルは台形ですが、GRスポーツは長方形のような形状です。

 この意匠は、「ヴィッツ GRスポーツ」や「プリウスPHV GRスポーツ」、「アクア GRスポーツ」など、ほかのGRスポーツモデルと共通しています。C-HR GRスポーツでは、さらにアンダーガードを装着するなど、ダイナミックなデザインが取り入れられました。

 グリルの左右に沿うように配置された大型フォグランプにより、標準仕様よりもダイナミックな印象を受けます。なお、標準仕様のLEDクリアランスランプは、GRスポーツにも採用されました。

 リアのデザインは従来モデルからほとんど変わっていませんが、リアコンビネーションランプに、右左折時に内側から外側へ流れるように点灯するシーケンシャルターンランプが採用されました(エントリーグレードを除く)。

 標準仕様のボディカラーは、新採用のエモーショナルレッドIIとオレンジメタリックを含むモノトーン8色にそれぞれに2トーンカラ―が設定され、全16色を用意。GRスポーツのボディカラーは、モノトーン6色と2トーン5色の全11色となります。

 内装については従来モデルとの変更点はありませんが、GRスポーツでは本革巻きの小径ハンドルや専用スポーツシートが装備されています。

 さらに、インパネやドアインナーガーニッシュに金属調のダークシルバー塗装が施され、アルミペダルや各所にGRロゴが採用されるなど、標準仕様に比べてスポーティな仕立てになっています。

 内装色は、標準仕様にはブラックとオーキッドブラウンの2色、GRスポーツはGR専用ブラックが設定されました。

トヨタ「C-HR」が進化! スポーティな「C-HR GRスポーツ」は普通のとどこが違う? (41枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント