ホンダ米国上陸60周年! ハリウッドスターも愛するホンダの魅力とは

ホンダは、1959年に米国で二輪車の販売事業を開始してから2019年で60周年を迎えました。現在は二輪車事業、四輪車・航空機などさまざまな分野で活躍しています。そんなホンダブランドの魅力とはなんなのでしょうか。

ハリウッドスターも愛するホンダブランドの魅力とは

 ホンダは、1959年に米国で事業を始めてから2019年で60周年になります。当初は、二輪車を主体とした販売事業でしたが、いまでは北米市場で人気を誇る「アコード」や「シビック」など四輪車でも「ホンダブランド」を確立しています。

 なぜ、ホンダは二輪車から四輪車へと事業を拡大し、現在のような多くのホンダファンを獲得出来たのでしょうか。

ハリウッドスターのダニエル・ウー氏のホンダ「S800」
ハリウッドスターのダニエル・ウー氏のホンダ「S800」

 ホンダが米国で二輪車の販売を開始したのが1959年。二輪車を生産するメーカーとして、責任をもってアフターサービスをおこなっていました。

 しかし、自社で販売網を広げていくスタイルは困難を極めました。そこで、ホンダは1960年代に自社の二輪車を輸送する用途として、シボレーのピックアップトラック「アパッチ10」を購入し、販売網などを拡大させていきます。

 そして、ホンダは1965年頃には米国市場で人気の二輪車ブランドとなり、市場シェアは約7割を超えるほどでした。

 その後、二輪販売を始めて10年後の1969年に、ハワイで四輪車の「N600」を販売。1982年には日本の自動車メーカーとして初めて米国での四輪車生産を開始しました。

 わずか8人で始めた米国での活動から60年たった現在では、全米に12か所の生産拠点を持ち四輪車やエンジン、トランスミッションの製造はもちろん、航空機(ホンダジェット)までを生産する体制となっています。

 生産活動に携わる従業員だけで2万人以上。2018年には、米国における四輪車の累計生産台数2500万台を突破するなど、いまや米国の自動車市場に無くてはならないブランドです。

 そんななか、世界最大級のカスタムカーイベントとして米国で開催される「SEMAショー」では、このホンダ60年の歴史を祝うさまざまな展示がおこなわれていました。

 SEMAショーでは、自動車メーカーやカスタムパーツメーカーがさまざまな最新カスタムモデルをお披露目することもで有名です。

 今回、ホンダは米国で事業を開始してから60周年を祝うべく、常識にとらわれない多くのカスタムモデルを出展しました。

 前述のアパッチ10(1951年型)は、当時の様子を再現するべく米国ホンダがフルレストアしたものです。

 当時の従業員や残された資料からボディカラーを再現。また、荷台には当時の「ホンダ50」や「CB160」が積まれています。

 また、ハリウッド映画にも数多く出演している香港の俳優ダニエル・ウー氏の愛車(S800)も展示されていました。

 取材時は、偶然にも御本人がブースを訪れ、話を聞く機会を得ました。このS800は、新車時にイギリスで販売され香港に渡って来た車両を以前からウーさんが入手したといいます。

 その後、友人であるカスタムビルダーの三浦慶氏(Pandem)によって、前後のバンパーを取り払った特徴的なボディキットが作られたそうです。

 ウー氏は、「Keiは実車を一度も見る事無く3Dの図面だけであっという間に素晴らしいボディキットを作ってくれたよ! 彼はまさに天才だね!」と驚いていました。

 800ccの4気筒エンジンは完全にリビルトされGReddyステンレス製カスタムエグゾーストシステムをセンター出しにて装備。DJデザインズによる赤い本革の内装も印象的です。

カッコ良すぎるホンダ続々! 日本じゃ見られないカスタム車を画像で見る!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント