世界で1台のトヨタ「RAV4リムジン」現る!長過ぎるRAV4の正体とは

トヨタは、世界で1台しかない「RAV4」のロングモデルをお披露目しました。従来のRAV4は、異なる3種類の4WDシステムを採用するなど、ほかのミドルサイズSUVよりも高い走破性を特徴としていますが、なぜ全長が長いモデルを作ったのでしょうか。

世界でひとつの長いRAV4の正体とは

 トヨタは、2019年4月にSUVモデル「RAV4」を約3年ぶりに復活させました。販売低迷などもあり一度は国内市場から撤退しましたが、復活した新型RAV4はもっとも売れているSUVモデルとして人気を得ています。

 そんなRAV4に市販車とは異なる全長を伸ばしたモデルが存在します。世界でひとつしかないRAV4ロングは、なぜ誕生したのでしょうか。

RAV4の製造工場メンバーの想いが詰まった世界で1台のRAV4リムジンとはどんなクルマ?
RAV4の製造工場メンバーの想いが詰まった世界で1台のRAV4リムジンとはどんなクルマ?

 新型RAV4は、2リッターガソリン車と2.5リッターハイブリッド車の2種類のパワートレインを搭載。ほかのSUVモデルと大きく違う特徴としては、3種類の異なる4WDシステムを採用していることです。

 ガソリン車には2種類の4WDシステムが用意されています。走行状況に応じて前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する機構と4WD走行が不要と判断した場合には、後輪への動力を遮断して燃費向上を図る新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を世界初採用しました。

 また、ハイブリッド車には、最新のハイブリッド技術を継承した新型E-Fourを採用。後輪の最大トルクを増加させ、前後のトルク配分を大きく変更可能な制御をおこなうほか、後輪トルクを上げたことで降雪時や雨天時における登坂発進時の安心化も向上させています。

 さらに安全性や快適性においては、予防安全機能「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備したほか、駐車場などでの安全を支援するパーキングサポートブレーキを採用。また、トヨタ「プリウス」や「クラウン」と同じコネクテッド機能を搭載しています。

 そんな高い走破性を持つ新型RAV4に、なぜロングモデルが存在するのでしょうか。ロングの担当者は次のように説明しています。

「RAV4を生産している高岡工場の製造やプレスなど、200人から300人のメンバーが就業時間外に集まって約半年掛けて自分たちで作ったモデルです。いろいろと細かな部分にもこだわっています。つくるきっかけとしては、RAV4というクルマを製造側も盛り上げようという想いがあってつくりました。

 とくに市販化などは考えていませんが、盛り上がりの一環になればと思います」

※ ※ ※

 市販されているRAV4のボディサイズ(一部グレードを除く)は、全長4600mm×全幅1855mm×全高2690mmです。ロングモデルは、全長を800mm延長しており、その伸ばした分の天井、側面、床面のボディ部分など細部にわたって作り込まれていました。

 後部座席に座るとまさにリムジンのような余裕のある室内空間が広がっています。開発者の遊び心としてボンネットや車内には装飾が施され、ボディサイドのキャラクターラインは市販車ではできないほどのエッジが効いており、手作業で叩き上げて仕上げたそうです。

 また、ボディカラーは日本では設定されていないものの、海外の一部地域で採用しているオレンジ系のものを採用しているといいます。

 実際に走行している様子を見ても、ゆったりとしている雰囲気は本物のリムジンのようでした。世の中にお披露目される機会は未定とのことでしたが、製造やプレスといった普段あまりスポットライトが当たらない裏方の凄さを発信するためにも、イベントなどで見れる機会を増やしても面白いかもしれません。

すごーく長いトヨタ「RAV4」! 市販のRAV4との違いを画像で見る!(27枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 申し訳ないがカッコ悪い。。。歪んでいるように見えるというか、サイドのプレスラインも繋がってないから違和感でしかない。お遊びで作ったにしても素人レベル?