オフロードスタイルのホンダ「CR-V」がカッコイイ! 北米カスタムカーショーで初公開

アメリカ・ラスベガスで開催されるカスタムカーショー「SEMAショー2019」で、ホンダはオフロードスタイルにカスタムした2タイプの「CR-V」を出展します。

オフロード仕様のホンダ「CR-V」とは?

 北米ホンダは、2019年11月5日からアメリカ・ラスベガスで開催されるカスタムカーショー「SEMAショー2019」で、「CR-V」2020年モデルをオフロードスタイルにカスタムしたモデル2台を初公開します。

SEMAショー2019で公開されるオフロードスタイルのホンダ「CR-V」
SEMAショー2019で公開されるオフロードスタイルのホンダ「CR-V」

 ガソリンモデルをベースとした「CR-V Dream ビルド」は、Jsportのパフォーマンスアクセサリーによって、オーバーランダースタイル(悪路走破性の高いクルマでキャンプをしながら走破するスタイル)に仕立てられたモデルです。

 冒険旅行をサポートするため、1.5インチのリフトアップキットやサイドステップ、フロントバンパー、リアタイヤゲートが装備されます。

 さらに、ルーフにJsportのモジュラールーフラックが装着されるとともに、ルーフトップテントも備わっています。荷室にはキャビネットとスライド式の冷蔵庫が装備されています。

 ニットー「リッジグラップラー」オールテレーンタイヤに、KMCのオフロードホイールが組み合わされました。

 一方、ハイブリッドモデルをベースとした「CR-Vハイブリッド Do ビルド」は、「週末の戦士」をテーマとし、CR-Vの実用性はそのままで、登山などのアウトドアを楽しむための移動ツールとしても活用できる仕様としました。

 1.5インチのリフトアップキットやサイドステップ、ルーフバスケットを装備。ルーフバスケットには、キャノンデールのマウンテンバイクが搭載されます。

 さらに、ニットー「テラグラップラー」オールテレーンタイヤにKMCのオフロードホイールを装着し、オフロードスタイルを強調しました。

 2台のCR-Vのほかに、ピックアップトラック「リッジライン」をHonda Factory Performance(HFP)がカスタムした「リッジライン HFP コンセプト」が出展されます。

 現在入手可能なホンダ純正アクセサリーでリフトアップやワイドスタンス化され、さらにオールテレインタイヤや18インチのブロンズホイールを装着。

 荷台にはTHULEのヘッドバイクフォーマウントを搭載し、リッジラインと同じカラーにペイントされた2台のマウンテンバイクを積んでいます。また、THULE ベッドラックと迷彩柄のテントも装備されました。

ゴッツいタイヤで悪路も走れる! オフロード仕様の「CR-V」がカッコイイ!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント