なぜGoogleマップは無茶な案内をするのか? 車で通れない道を避ける対処法とは

近年クルマの道案内をする際に、カーナビゲーションではなく「Googleマップ」などのスマートフォンの地図アプリを使用することが増えてきました。しかし、地図アプリではクルマが物理的に通ることが難しいような狭い道に案内されることが多々あります。いったいなぜ、Googleマップは無茶なルートを案内することがあるのでしょうか。

カーナビ代わりになる「地図アプリ」に残された欠点とは

 最近のスマートフォン(以下、スマホ)にインストールされている地図アプリは、精度も高く非常に優秀です。とくに、多くのAndroidスマートフォンへプリインストールされている地図アプリ「Googleマップ」は、土地勘がない目的地へ行くときなどにとても便利です。

 しかし、クルマでのルート案内に利用すると、クルマでは通れないような細かい道を案内されることも多々あり、信頼度が高いとはいえません。なぜ、Googleマップはクルマでのルートを案内するときに細い道へ誘導することが多いのでしょうか。

ナビアプリはなぜ細い道路へ案内しがちなのか?(写真はイメージ)
ナビアプリはなぜ細い道路へ案内しがちなのか?(写真はイメージ)

 Googleマップが細い道へ案内することが多い理由について、某モノ系雑誌でスマホ関連の記事を執筆しているIT系ライターのI氏は、次のように説明します。

「なぜGoogleマップが狭い道を選ぶのかというと、簡単にいえばGoogleマップが『カーナビゲーション(以下、カーナビ)』ではないからです。クルマに装備されているカーナビは、クルマでの移動を前提にしたルートを案内するように設定されています。

 しかしGoogleマップは、クルマが物理的に通ることが困難な道だったとしても、距離的にとにかく最短となる道を案内するようになっているのです」

 スマホ側からみると、「スマホを操作する=操作しているのは歩行者」であると第一候補を考えるのは自然です。クルマ移動や電車移動を選択するアイコンがあるとはいえ、Googleマップが最短ルートを自動検索するのは仕方がない部分ではあります。

「2019年3月には、カーナビにもよく用いられる地図情報の老舗『ゼンリン』とGoogleの契約が切れたと見られています。そのため、最近のGoogleマップは独自の地図情報を採用しているので、さらに無茶な道案内をしてくるケースも想定できます」(ライターI氏)

 ちなみに、iPhoneにプリインストールされているiOS標準の地図アプリ「マップ」は、アップルが複数の企業からデータを分けて購入し、アプリ内で使い分けていると見られています。

 一方、クルマに搭載されるカーナビは「幹線道路優先」モードなどを搭載しているほか、VICSなどとも連動した渋滞の有無など道路状況も含めて、複数のルート案内を考えてくれます。

 しかし、カーナビにも短所があります。それは(機種の機能や性能によりますが)たいていの機種では地図の更新が面倒なことです。HDD内の地図データや地図DVDを交換する必要があり、有料の場合がほとんどです。

 そのため、更新をおこなわずに使い続けると、新しくできた道を走っていても古い地図データの該当場所を表示し続けてしまい、ナビ画面では道無き道を進んでいる状況になってしまいます。

 古いクルマに装備される純正ナビゲーションなどは、あくまで現在地の目安として使うしかなく、細かい部分までは案内できないこともあると割り切る必要もでてきます。

ナビに試されてる・・・?狭い道はツラいよ!画像でチェック!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1.  グーグルマップの自動車モードでのナビの場合 距離よりも時間を優先します。
    (あくまでグーグルが計算した時間です。計算が間違っている場合も結構あります。)
    船橋ICから岩槻ICまで行く場合など時間によって外環経由であったり中央環状経由だったりします。

     狭い道の場合 自動車で利用したデータが無い(低速すぎて歩行者と認識されている場合も有り。)ため
    混雑している自動車が通れるルートよりも狭くて通れない、通りづらい道路が優先される事が増えます。

  2. Googleナビはナビ以外は優秀なので、目的地探索等には使うけど、ナビはNAVITIMEを使ってます。無料ならヤフーナビの方がまだ使いやすいかな。

  3. Wazeのいうナビアプリがあるのだけれど、私はアメリカでWazeをApple CarPlay経由でナビ画面で利用している。Wazeには優秀な点がいくつかある。
    1) 地図上の間違いや変更点を速やかに報告出来て、編集ボランティアとのやりとりをした後、地図の修正が速やかにされる。
    2) 渋滞をナビ画面で報告(もしくは自動検知)する事が出、それを他のユーザーと共有出来て、ナビのアルゴリズムに速やかに反映される。
    3) 道路上に物が落ちているよ。道路に穴が開いているよ。動物の死骸があるよ。ここで事故が発生しているよ。工事中だよ。霧が濃いよ。ネズミ捕りで警察が見張っているよ。ネズミ捕りの警察が隠れているよ。オービスがあるよ。信号無視検知するカメラがあるから気をつけてね。といった内容をナビ画面で報告する事ができ、その情報を他のユーザーは事前にキャッチする事が出来るので危険を避けられる。つまりナビながら、SNSの要素を持っている。

    Waza元々イスラエル発祥のナビアプリだが、グーグルに買収され、今はグーグル傘下である。つまり、Google MapもWazeもグーグルが運営し、Wazeで得られた情報をGoogle Mapにも利用されている。

    日本でもWazeは利用できるが、利用者が少ない。利用者が少ないからなかなか便利にならない。Wazeの利用者が増え、利用者が積極的に地図上に間違えや、道路上の危険情報を積極的に報告すれば、Google Mapも改善するかも知れない。

  4. Yahooナビも大概やで。