レクサスのEVはドローン搭載、LF-30 Electrifiedが東京モーターショーで世界初公開

レクサスが電動化ビジョンを具現化したコンセプトカー「LF-30 Electrified」を東京モーターショー2019で世界初公開しました。このコンセプトカーはレクサスのEVの未来をコンセプトやデザインなどで示しています。

レクサスのEV化計画の象徴がここに

 レクサスは、2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表し、この電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開しました。2030年のレクサス電動車を示唆する形が採用されています。

東京モーターショー2019でワールド・プレミアされたコンセプトカー、レクサス「LF-30 Electrified」
東京モーターショー2019でワールド・プレミアされたコンセプトカー、レクサス「LF-30 Electrified」

 Lexus Electrifiedは、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、自動運転や電動化モビリティ社会が変化し続ける時代においても、クルマがユーザーにもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す思想です。
 
 電動化技術によってクルマの原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ未来の高級車のあり方を変えていくものです。
 
 具体的にはハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸として、パワートレイン、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御することで、走行シーンに応じた駆動力コントロールをおこない理想的な車両姿勢を実現し、より安心安全に運転する楽しさを感じられるクルマづくりを目指すことを指します。
 
 今後レクサスは、HV、PHV、EV、FCVなど世界各地のニーズやインフラ環境に応じて適材適所の商品開発を進めていく予定です。
 
 レクサスは2019年11月に初のEVの発表を予定し、2020年代前半にPHVやEV専用モデルを市場投入する予定です。さらに2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目標としています。
 
 このLexus Electrifiedを象徴するコンセプトカーが、「LF-30 Electrified」です。

●これからレクサスの市販モデルにフィードバックされるデザイン
 
 エクステリアデザインは、ボディ四隅のタイヤから発生したエネルギーがキャビンに向かい、ドライバーへ流れていくようなイメージが持たされています。
 
 レクサスのデザインアイコンであるスピンドル形状は、ボンネットのないフォルムを活かしてボディ全体のアーキテクチャとしてさらに進化しています。フロントからリアまでひと続きとなるウインドウガラスと張り出したフェンダー、そして翼形状のヘッドライトでスピンドルは大胆に形成されています。
 
 ヘッドライトやリアライト、サイドエアインテークは、優れた空力性能や冷却性能を意識した翼形状をしており、機能とも融合したデザインです。
 
 広いグラスエリアを持つLF-30 Electrifiedですが、サイドウインドウは透過率を自由に変化させることで、景観を楽しめる広い視界と夜間などにおける高いプライバシーを実現しています。
 
 また、通常の走行モードと自動運転モードを車両の外から識別できるよう、フロントフェイスの色や発光パターンを区別するなど、デザイン性に加えて機能性も追求されています。

レクサス「LF-30 Electrified」の全貌を写真で見る(27枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント