ホンダ新型「フィット」はデザイン激変!? 開発テーマとなったコダワリの「心地よさ」とは

ホンダは、第46回東京モーターショー2019で、新型「フィット」を世界初公開しました。新型フィットでは、ユーザー目線を重視したこれまでにない新たな改良がおこなわれたというのですが、いったいどのようなコンパクトカーに進化したのでしょうか。

 第46回東京モーターショー2019のホンダブースにおいて、もっとも注目すべき車両はなんといっても新型「フィット」でしょう。フルモデルチェンジを実施し、4代目となった“次期型フィット”がモーターショー会場で世界初公開されました。発売は2020年2月の予定といいます。

 新型フィットは、おもにどのような点が進化しているのでしょうか。

【PR】世界でたった9台!?幻の「トヨタ2000GT」に素人が乗ってみた|くるまのCHANNEL

東京モーターショー2019で公開された新型「フィット」
東京モーターショー2019で公開された新型「フィット」

 まず、驚いたのはデザインです。現在発売しているモデル(3代目)とはイメージが大幅に変わりました。現行モデルは、エッジを利かせたシャープなデザインです。立派さや力強さを感じさせる意匠といえるでしょう。いっぽうで新型は、丸みを帯びた優しいデザイン。「人に寄り添う」という新型フィットのコンセプトを具現化したデザインといえそうです。

 そして注目が、Aピラーです。信じられないほど細いのです。開発者に聞いたところ、「ピラーが前方視界の邪魔をしない、心地よい視界を作りたかった」といいます。その細さは、外観よりも、実際にフロントシートに座ってフロントウインドウ越しに外を見るときのほうがより実感できます。

 筆者(工藤貴宏)も実際に展示車へ乗り込んでみて驚きました。まるで小田急ロマンスカーの先頭車両のように視界が広がる、これまでクルマで見たことがないようなパノラマなのです。交差点などで、斜め前方の歩行者がピラーの死角にならないという安全上のメリットもかなり大きいでしょう。開発者によるとなんと「Aピラーは窓を固定しているに過ぎない」とのことでした。

 Aピラーが細いことで気になるのは衝突時の安全性ですが、その秘密となるのが新しい衝撃吸収構造。衝撃をAピラーではなくAピラーの後方(ドアの前)にある柱で受け止めることで、Aピラーを極限まで細くすることが可能になったそうです。

変わった点は? 新型フィットを写真で見る(51枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. なんで後ろからの写真が1枚だけなんだよ?フロントばっかり色違いで何枚も・・・無能か?

  2. 性能面は置いといてなんという締まりのないデザイン。腰上と腰下のバランスがみっともない。全体のフォルムからして変。ここ10年来の日本車ってどうしてこうも劣化したのだろう?実用性や生活感に偏りすぎてる感がある。コレに限ったことではないが。

    • 今回は本当にダサイてもんじゃ無いくらいダサイ
      かなり期待していたのだが残念

  3. ダサすぎて乗りたく無い。買い替え検討していたがやめます。現行のステップワゴンスパーダハイブリッドにします。

  4. この顔はポケモンにしか見えない。
    クロスターは期待してたのにぜんぜん特別感がなく残念。
    スパイ画像の頃からボテっとしてると思ってたけどやっぱりって感じ。
    早速購入対象から消えました。

  5. こういう優しい顔の車が増えて欲しい。いかついデザインもよいのですが、現行FIT程度では中途半端なデザインだったと思う。