トヨタ新型「C-HR」発売! ついに6速MTも設定! スポーティな走りの「GRスポーツ」も登場

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」がマイナーチェンジして、スタイリッシュなデザインになりました。また、1.2リッターターボ車に6速MTを設定。さらに、スポーティグレードの「GRスポーツ」が追加されます。

 トヨタのコンパクトSUV「C-HR」がマイナーチェンジし、2019年10月18日より発売されます。

 今回のマイナーチェンジで、C-HRの特徴のひとつであるデザインが変更され、これまで以上にスタイリッシュに進化しました。

トヨタ「C-HR GRスポーツ」
トヨタ「C-HR GRスポーツ」

 エアインテークを左右に広げ、ワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置。

 上位グレードに装着されるヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとしました。

 また、リアコンビネーションランプには右左折時に内側から外側へ流れるように点灯する「シーケンシャルターンランプ」を採用しています。

 ボディカラーは、新設定の「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」など8色を含む全16色を設定しています(モノトーン8色、ツートーン8色)。内装は、新たにオーキッドブランを設定しました。
 
 パワートレインは、これまでと同様に1.8リッターハイブリッドと1.2リッターガソリンターボがあります。今回、1.2リッターガソリンターボのトランスミッションは、従来のCVTに加え、6速MT(iMT)が追加されました。

 iMTは、「カローラシリーズ」にも採用されており、変速や発進時の操作をアシストする新開発のマニュアルトランスミッションで、コンピュータがドライバーのクラッチ、シフト操作に合わせて、最適なエンジン回転数になるように制御をおこないます。

 ターボエンジンにMT車を設定することで、爽快な走りと自ら操る楽しさを味わえるといいます。

 さらに、今回のマイナーチェンジでは、C-HRに「GRスポーツ」が設定されました。

「GRスポーツ」は、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」において、気軽にスポーツドライブを楽しみたいユーザーに向けたモデルです。

 C-HR GRスポーツは、フロントフロア下にトンネルブレースを追加してボディ剛性を強化。操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現しています。

 また、専用の19インチタイヤを採用するとともに、足回りについても専用チューニングを施し、GRの走りを追求しました。

 外観は、フロントバンパーや大開口アンダーグリル、アンダーガード、大型フォグランプなどを装着し、スポーティなスタイルとしています。

 内装は、GR本革巻小径3本スポークステアリングホイールや金属調ダークシルバー塗装を施したインパネ加飾・ドアインナーガーニッシュ、専用スポーツシートなどを装備しました。

 GRスポーツにおいても、1.8リッターハイブリッドと1.2リッターターボが用意されていますが、ターボエンジン搭載車は6速MTのみの設定となります。

※ ※ ※

 安心・安全装備も充実し、プリクラッシュセーフティやレーンデパーチャーアラートなどを含む「Toyota Safety Sense」を全車標準装備しています。

 さらに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])、パノラミックビューモニターなどの安全機能をオプション設定可能とました。

 また、ディスプレイオーディオと車載通信機(DCM)を全車標準装備し、コネクティッドカーとしてさまざまなサービスが受けられるようになります。

 SmartDeviceLinkに対応するTCスマホナビや音楽・ラジオアプリなどを表示して操作できたり、LINEカーナビでは音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能になります。

 Apple CarPlay、Android Autoなど、日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイで操作して利用することもできます。

 C-HRの価格(消費税込)は、240万円から299万5000円、GRスポーツは273万2000円から309万5000円です。

前よりカッコいい? スタイリッシュになった新型C-HRの画像を見る(19枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. スポーツに振る理由は同種をレクサスで売っている以上は越えてはならないTOYOTAの規定なんだろうか?後発である初代マジェスタが妙に初代セルシオを越せない寸止め設計とか、これでレクサスを買わされた被害者、TOYOTAを買わされた被害者は明白だろ、当然に加害者も幸せにはなれない、この固い殻を破る日は何時来るのやら

  2. 申し訳ないが歯の矯正中の顔ようで…
    ぶつけたら保険ききますかみたいな。
    これならek Xの顔が勝ちです。