欧州コンパクトを超えた? トヨタ新型「ヤリス」はセグメントリーダーになれるのか

トヨタの新型「ヤリス」が公開されました。走る楽しさを追求した「コンパクトカーの域を超える、新世代コンパクトカー」として登場しましたが、気になるのはライバル車の存在です。欧州市場でも販売される新型ヤリスを、ドイツ車のライバルと比べてみました。

「ヤリス」はグローバルカーとして欧州でも長く販売されている

 トヨタの新型「ヤリス」が世界初公開されました。

新型「ヤリス」
新型「ヤリス」

 もともと、日本では「ヴィッツ」というモデル名で知られていましたが、日本以外での市場では、以前からすべて「ヤリス」名で販売されていました。

 ヨーロッパ市場でも、1999年から初代ヤリスを販売しています。

 ヨーロッパでは現在、コンパクトSUVの人気が急上昇していますが、販売の中心はBセグメント、およびCセグメントと呼ばれるカテゴリーのコンパクトカーになっています。

 ちなみに、国際的な自動車関連リサーチ会社のJATOによると、2019年上半期の、EU(欧州連合)とEFTA(スイス、ノルウェー、アイスランド)を合わせたヨーロッパ全体の車名別ランキングを見ると、1位はCセグメントのフォルクスワーゲン「ゴルフ」ですが、2位にBセグメントのルノー「クリオ」(日本名ルーテシア)、3位に同じくBセグメントのフォルクスワーゲン「ポロ」がランクインしています。

 ほかにもランクを見ていくと、5位にフォード「フィエスタ」、6位にプジョー「208」、7位にダチア「サンデロ」、11位にシトロエン「C3」、そして13位にトヨタ・ヤリスが入ってきます。これは、日本で販売されている3代目ヴィッツと同じモデルになります。

 新型ヤリスが欧州市場でライバルとなるのは、こうしたBセグメントモデルです。今回は、ドイツ車であるフォルクスワーゲン「ポロ」と新型ヤリスを比較してみます。

●新型ヤリスのライバル、フォルクスワーゲン「ポロ」ってどんなクルマ?

 日本で販売されているBセグメントのドイツ車、となると、まず挙げられるのはフォルクスワーゲン「ポロ」です。

 ポロは1975年に登場した、Bセグメントのベンチマーク的存在のモデルです。初代が登場してから40年以上で、累計生産台数は1400万台を超えています。

 現在販売されているモデルは6代目で、2018年3月に日本に上陸しました。

 新たにVWのモジュラー戦略「MQB」を採用したボディは、全長4060mm×全幅1750mm×全高1450mmというスペックで、先代モデルに比べると全長で65mm、全幅で65mm増え、逆に全高は10mm低くなっています。ホイールベースは2550mmで従来比80mm延長されています。

両車とも長い歴史! 「ヤリス」と「ポロ」の歴代モデルと現行モデルを画像で見る(36枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント