レクサス「LC/IS」に特別仕様車を設定 職人の手仕事が光るスペシャルなモデル

レクサス「LC」と「IS」に特別仕様車が設定されました。LCは最高級の本革シート、ISは藍色に染めた本杢ステアリングを採用するなど、匠の技が盛り込まれています。

匠が丁寧に仕上げた贅沢な特別仕様車

 レクサス「LC」と「IS」に特別仕様車が設定され、2019年10月1日より発売されます。

 LCの特別仕様車“PATINA Elegance”は、「LC500h/LC500」をベースとし、レクサスが独自に開発し、柔らかさを追求した最高級のL-ANILINE本革シートと、柔らかい手触りのプレミアムレザーを使用した本革ステアリングを採用しています。

レクサス「LC “PATINA Elegance”」
レクサス「LC “PATINA Elegance”」

 さらに、新たに設定したテレーンカーキマイカメタリックの外板色と、特別仕様車専用の内装色パティーナブラウンを掛け合わせたほか、レーザーエッチングで金属加工し、L字が重なったモチーフが美しく浮かび上がるスカッフプレートなどを特別装備。ラグジュアリークーペにふさわしい優雅さと洗練された気品を際立たせます。

 ISの特別仕様車“I Blue”は、「IS350/IS300h/IS300 “F SPORT”」をベースに、職人がひとつずつ仕上げる藍色に染めた本杢ステアリングホイールを採用しました。

 内装は、藍色が鮮やかに引き立つ特別仕様車専用のカラーコーディネートでまとめ、外装はスピンドルグリルやアルミホイールなどを黒基調とするなど、スポーティさを強調。ボディカラーは、ヒートブルーコントラストレイヤリングなど5色が設定されています。

 価格(消費税10%込)は、LC“PATINA Elegance”が1400万円から1450万円、IS“I Blue”が541万6000円から655万7000円です。なお、LC“PATINA Elegance”は国内100台限定となります。

※ ※ ※

 今回設定されたLC/ISの特別仕様車は、『CRAFTED』という思想にもとづいて開発されました。

『CRAFTED』とは、豊かな自然と歴史のなかで培われた日本の美意識や、言葉にせずとも求める“曖昧なもの”を察する感性で、その人に思いを巡らせ、匠の技から最先端のテクノロジーまで、ありとあらゆる手段を駆使することで心を深く揺さぶる新しい体験を生み出していきたい、という思いを言語化したものです。

 これの思想は、レクサスの開発から、生産・販売に至るまで、世界各国のあらゆる現場に根付いているといいます。

レクサスLC/ISの特別仕様車を画像でチェック

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. たかが消耗品に日本の美とか毎日雅な夢に魘されてるのか?TOYOTAは?
    この会社は何でTOYOTAやレクサスでなくトヨタで世界に立ち向かわないのかね?
    レーサーや喰わず嫌いの自動車評論家の言葉足らずの口数コメントなんて誰にも何処にも響くわけもなく、信者集めて何時までこんな車作りを続けるつもりなのか?