ホンダ新型「フィット」世界初公開! ホンダeやアコードの初公開もあるモーターショー概要を発表

東京モーターショー2019にて、ホンダは世界初公開となる新型「フィット」や日本初公開の「ホンダe」や「アコード」をお披露目します。見どころ盛り沢山の東京モーターショーはどのような内容になるのでしょうか。

ついにベールを脱ぐ新型「フィット」が初公開!

 ホンダは、「第46回東京モーターショー2019」(10月24日から11月4日)に、市販予定車を含む四輪車・二輪車・パワープロダクツやエネルギー関連技術のコンセプトモデルなどを出展します。

世界初公開となる新型フィットはどんなモデルになるのでしょうか。(画像:現行型フィット)
世界初公開となる新型フィットはどんなモデルになるのでしょうか。(画像:現行型フィット)

 今回の出展では、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をメインコンセプトに、ホンダ製品を通して感じる「生活の可能性が拡がる喜び」を多彩な企画展示で紹介します。

 ブース最大の特徴である可動式の大型スクリーンには、ホンダ製品やサービスを視覚・聴覚で体感できるような臨場感あふれる映像を投影するほか、ブース内の各エリアには、家族全員で楽しめるさまざまな体験型企画を用意。

 展示される四輪車では、世界初公開となる新型「フィット」のほか、2020年はじめに発売を予定している新型「アコード」、EV専用車「ホンダe」を日本初公開します。

 また、同年10月にマイナーモデルチェンジとして発売予定の「フリード」や、ホンダのフラッグシップであるスーパースポーツモデル「NSX」、日本の軽四輪車新車販売において4年連続で第1位を獲得している「N-BOX」シリーズなど、市販車も多数展示する予定です。

 二輪車では、世界初公開として、世界中で多くのファンに愛されてきた「スーパーカブ」シリーズをベースにしたコンセプトモデル「CT125」を展示。

 また、ビジネス用電動スクーター「ベンリィe」、電動三輪スクーター「ジャイロe」のほか、日本初公開モデルとして、「CRF1100L アフリカツイン デュアルクラッチ トランスミッション」、「CRF1100L アフリカツイン アドベンチャー スポーツ イーエス デュアルクラッチ トランスミッション」、「ADV150」を公開します。

 そのほかの製品としては、本格オーディオ機器向けの「LiB-AID(リベイド)E500 for Music」をコンセプトモデルとして世界で初公開する以外に、日本市場向けに販売されている船外機、発電機、乗用芝刈り機などの市販モデルを展示。

 また、着脱式バッテリーの「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」をはじめとした、暮らしとモビリティーをつなぐエネルギー関連技術の展示をおこないます。

新型フィットはどうなる? 初公開目白押しのホンダ車を画像で見る!(53枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント