三菱「アウトランダーPHEV」を一部改良 オフロード性能の向上を装備が充実

三菱は2019年9月12日、同社のミッドサイズSUV「アウトランダー」と「アウトランダーPHEV」に一部改良を加え、販売を開始しました。

意のままの操作性と圧倒的な安定性

 三菱は、同社のミッドサイズSUV「アウトランダー」と「アウトランダーPHEV」に一部改良を加えることを発表。2019年9月12日より、販売を開始しました。

一部改良された ミツビシ 「アウトランダーPHEV」
一部改良された ミツビシ 「アウトランダーPHEV」

 アウトランダーPHEVの主な改良点は、アウトランダーシリーズ専用に設計された「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定。510Wのパワーアンプや8個のスピーカーシステムを採用することで、クリアかつ存在感のある音質を実現しています。

 さらに、ボディカラーには強い輝きと深みを併せ持つ「レッドダイヤモンド」を新たに設定し、全10色展開となりました。

 運転席には腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用。助手席のパワーシートを標準装備とするなど、利便性を向上させています。

 また、アウトランダーには、4WD車全車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備。AYCブレーキ制御をアウトランダー専用にセッティングすることで、ハンドル操作に対してダイレクトに反応するコーナリングを実現しています。

 さらに従来の走行モードである「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」に加え、ラフロードでの走行に適した「GRAVEL」を追加し、走破性を向上させました。

 アウトランダーPHEVの価格は386万7480円から(消費税8%込 以下同様)。アウトランダーの価格は267万6240円からとなっています。

より高い走破性を実現! 三菱「アウトランダー」を画像でチェック (10枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント