トヨタ新型「カローラ/カローラツーリング」 新型モデルで何が変わった?

長い歴史を持つトヨタの「カローラシリーズ」。2019年9月17日は、新型モデルとして、セダンタイプ「カローラ」とワゴンタイプ「カローラツーリング」が発売されました。従来モデルとして「カローラフィールダー(セダン)」と「カローラフィールダー(ワゴン)」が存在しますが、新型モデルでは何が変わったのでしょうか。

新型カローラ/新型カローラツーリング、従来モデルと何が変わった?

 トヨタは、世界中で人気の「カローラシリーズ」の新型モデルを2019年9月17日に発表ならびに発売しました。今回は、セダンタイプ「カローラ」とワゴンタイプ「カローラツーリング」のふたつのモデルを展開します。

 新型モデルのカローラとツーリングでは、どのような違いがあるのでしょうか。

トヨタの新型「カローラ(左)」と新型「カローラツーリング(右)」
トヨタの新型「カローラ(左)」と新型「カローラツーリング(右)」

 カローラは、1966年に誕生して以来、世界中で人気のクルマです。2019年9月現在では、150以上の国と地域で販売され、販売累計台数4750万台を超えるロングセラーモデルとなります。

 現在、国内市場においては、従来モデルのセダンタイプ「カローラアクシオ」とワゴンタイプ「カローラフィールダー」が存在するほか、2018年6月には、新たなカローラシリーズとして「カローラスポーツ」が発売されました。

 新型モデル(カローラ/ツーリング)は、先行して欧州で販売されているモデルとは別に国内専用設計をおこなうことで、低重心化してスポーティなスタイリング、走る楽しさ、取り回しの良さを追求しています。

 また、最新の安全装備「Toyota Safety Sense」を全車標準装備するほか、トヨタの国内モデル初となるディスプレイオーディオの標準搭載とスマートフォンとの連動などコネクティッドサービスを充実させました。

 外観デザインでは、カローラスポーツと比べてカローラ/ツーリングは前後のホイールフレアが張り出したダイナミックでワイドなデザインとしているほか、ツーリングのサイドビューはボディ後方にかけて伸びやかなデザインとしています。

 内装デザインでは、基本的な部分をカローラ/ツーリングで共通化していますが、より積載性を重要視するツーリングの荷室部分に、リバーシブルデッキを設定して荷室床面の高さを2段階に調整することが可能です(仕様によって1段階の設定もある)。

 パワートレインは、従来モデル(ガソリン車/ハイブリッド車)に設定されていた1.5リッターエンジンから1.8リッターエンジン(7速スポーツシフト付きCVT)に変更。また、ハイブリッド車には、「E-Four(電気式4WDシステム)」を設定することで、加速時や雪道などの滑りやすい場面で走行安定性と低燃費に貢献しています。

 さらに、カローラスポーツに設定されている1.2リッターガソリンターボエンジン(6速MT)の設定もあり、全3種類のパワートレインがカローラ/ツーリングに用意されています。

 ボディサイズは、セダンタイプのカローラが全長4495mm×全幅1745mm×全高1435mm、ホイールベース2640mmです。これは従来モデル(アクシオ)と比べて全長+95mm×全幅+50mm×全高-25mm、ホイールベース+40mmという数値です。

 ワゴンタイプのツーリングは、全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mmです。これは従来モデル(フィールダー)と比べて全長+85mm×全幅+50mm×全高-50mm、ホイールベース+40mmという数値です。

 また、ボディサイズは大きくなりつつも最小回転半径は、従来モデルと同等の5mを実現しています(16インチ、17インチタイヤ装着車は5.3m)。
 
※ ※ ※

 従来モデル(アクシオ/フィールダー)に比べてボディサイズは大型化し、よりスポーティなデザインとなった新型モデル(カローラ/ツーリング)ですが、従来モデル(アクシオ/フィールダー)は設定グレードや一部装備の見直しなどをおこない、法人ユーザーを中心に販売を継続をするとしています。

何が変わった? 新旧やセダン&ワゴンを画像で比較!(30枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント