アルファードが霊柩車に? 光岡がトヨタ「アルヴェル」をベースとした新型霊柩車を発売へ

従来、霊柩車のイメージといえばステーションワゴンのような形が一般的でした。しかし、最近ではトヨタの「アルファード」「ヴェルファイア」をベースとしたモデルもあるようです。今回、発売される最上級霊柩車とはどんなクルマなのでしょうか。

搬送霊柩車の最上級モデル発売へ

 光岡は、搬送霊柩車の「フュージョン」シリーズの新たなラインナップとして、トヨタ「アルファード」や「ヴェルファイア」をベースとした「プレミアムフュージョン」を追加設定し、2019年8月20日より発売しました。

トヨタ「アルファード」の霊柩車
トヨタ「アルファード」の霊柩車

 搬送霊柩車のフュージョンシリーズは、遺体などを搬送する搬送車としての活用と、霊柩車としても使用できる一台二役の霊柩車です。

 今回、そのシリーズの頂点となる「プレミアムフュージョン」は、棺室内の機能性を大幅に拡張し利便性を高め、新
計の室内装飾は高級感漂うインテリアデザインに仕上げました。

 搬送霊柩車のフュージョンシリーズは、少子高齢化社会により家族葬などといった多様化する葬儀形態の増加や、葬祭業界の常態的な人材不足を補うため、業務の汎用性と効率化を求めるユーザーのニーズに応えるために開発された搬送車と霊柩車の役割を一台で担う、一台二役の多機能車です。

 今回のプレミアムフュージョンは、棺室内に業務に使用する道具や装備などを収納するラックがオプションで装着することができ、収納スペースのカスタマイズが可能な設計となっています。

 同時に新設計の室内装飾は立体的に作られた構造体としての美しさがあり、キルティングステッチのレザーと艶を抑えた上品な木目調パネルが装飾され、上質で高級感漂うデザインを採用。

 このレザーと木目調パネルの色や種類を選択可能にすることで、まったく異なる棺室内の雰囲気を作り上げることができ、ユーザーの趣向や地域に合わせたカスタム性も特長です。

 また、光岡の既存霊柩車には、ヴェルファイアをベースにロング化した「ヴェルファイアグランドリムジン」やトヨタ「クラウン」、「センチュリー」、レクサス「LS460」といったモデルがラインナップしています。

 プレミアムフュージョンの車両価格(消費税込み)は、アルファードベースが537万8400円から、ヴェルファイアベースは、563万7600円からです。

超長いヴェルファイアも存在? 多様化する霊柩車を画像で見る!(36枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント