初代登場から28年! 売れ行き好調な日産セレナの歴史とはどんなもの?

売れているミニバンの代名詞に?

 2010年に発売された4代目セレナ(C26型)は、先代のプラットフォームを採用しつつも、室内長は先代に比べて300mm拡大し、5ナンバークラスでは最大級となるフロントウインドシールドが採用されています。

 また、ボタンひとつで開閉可能な「ワンタッチオートスライドドア」や「フロント/リアワイドビュー」や「駐車ガイド機能」などを備えた「アラウンドビューモニター」がオプション設定されました。

 2012年には、「S-HYBRID」が「20S」を除く2WD全車に搭載され、サブバッテリーをエンジンルームに搭載することで、セレナ初となるハイブリッド化を実現。

 2015年におこなわれたマイナーチェンジでは、エマージェンシーブレーキとLDWを全車標準装備するなど、安全性能でも充実した内容となりました。

 2011年から2013年では、3代目と同様に年間販売台数が3年連続で1位を獲得しています。

 5代目セレナ(C27型)は、2016年に発売され、日産のデザインランゲージとしているフロントデザインの「Vモーショングリル」や、サイドデザインの「フローティングルーフ」、インテリアデザインの「グライディングウイング」を採用しています。

5代目の現行セレナ
5代目の現行セレナ

 5代目セレナに搭載された技術としては、量販車で世界初となる「ハンズフリーオートスライドドア」や、リアガラスの部分のみでも開け閉めできる「デュアルバックドア」、日産車では初となるキャップレス給油口を採用しました。

 また、運転操作支援システムである「プロパイロット」をメーカーオプションとして搭載。これはミニバンでは世界初となる設定です。

 また、2018年には電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したモデルも発売されました。e-POWERの追加によってユーザーからも好評を得た結果、2018年の年間販売台数では9万9865台を記録し、3代目、4代目に続きミニバンジャンルにおいて1位になっています。

 2019年8月には、5代目セレナのマイナーチェンジが発表されました。デザインが一新され、フロントマスクは「ダブルVモーショングリル」にクロームをちりばめたグリルパターンを採用。

 リアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、e-POWERモデルではホイールが16インチのアルミホイールとなりました。そして先進安全技術として、「全方位運転支援システム」を全車標準装備とし安全性能を高めています。

 長年に渡り、ミニバン人気をけん引してきたセレナ。新たにマイナーチェンジしたことで、ライバル車にさらに差を付けたいところです。

懐かしい歴代モデルやオラオラ顔になった最新セレナを画像で見る(32枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. FFになってから前軸の軽さが厄してホイルスピン連発で使えない車になってしまった。
    おまけに当時のセドリックより小回りの効かない5ナンバーミニバン駄作の中の傑作とでも申しましょうかw
    バネットも元はサニー店向けのサニーバネット、チェリー店向けのチェリーバネットから現在に至るわけだが、こんなに時代と共に退化する車種も本当に珍しいね
    初代セレナのようなセレナのみに用いる専用設計の考え方こそが車の創造性なのだが今のセレナなんてトラッドサニーや初代プリメーラ時代の流用品にすぎない単なるチビた下駄が売れる時代なのだからメーカーがまともな車なんて作るわけねーよなw