これは可愛すぎる? 女性ユーザー必見のオシャレで使いやすいクルマ 3選

最近のクルマは、多様化するニーズに合わせて細分化したモデルが多数販売されています。なかでも、女性にとって使いやすいというコンセプトを持ったクルマも存在。今回は、女性におすすめしたい3台を紹介します。

女性向けに開発されたクルマとは

 昔のクルマは、男性が好んで乗るものというイメージがありましたが、多様化した現代では通勤や買い物などで運転する女性も多く、そういったニーズに向けて作られたクルマもあります。

 今回は、そんなクルマのなかから、女性の使いやすさを考えて作られたクルマについて3台紹介します。

●ダイハツ「ミラトコット」

女性が主導して開発をおこなったダイハツ「ミラトコット」
女性が主導して開発をおこなったダイハツ「ミラトコット」

 ダイハツ「ミライース」の派生モデルとして2018年に発売された「ミラトコット」は、「ミラココア」の実質的な後継車でもあります。

「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトにし、価格やサイズ感、運転のしやすさなどにこだわりました。テレビCMは、ちびまる子ちゃんが22歳の大人になった設定で実写化されており、放送当時は話題となりました。

 ミラトコットは、シンプルな四角いボディで、ボディの角がとれてほどよく丸みがあることから、やさしい印象を与えます。

 四角いボディに映えるよう、ヘッドライトは丸と四角を組み合わせた個性的なデザインとし、親しみやすい表情となりました。

 ミラトコットは、運転が苦手な女性でも運転しやすいように、4つのカメラでクルマの前後左右を写し、6通りの表示をする「パノラマモニター」(G“SA III”標準装備)や、狭い場所での運転や駐車をアシストする「コーナーセンサー」(G“SA III”、X“SA III”、L“SA III”に標準装備)といった安全技術が装備されています。

 縦列駐車時には「パノラマモニター」と「コーナーセンサー」を活用することで、視覚と音で駐車をサポート。このふたつの組み合わせは軽自動車史上初めて搭載されました。

 ボディカラーは、8色の通常色以外にもアナザースタイルパッケージで、それぞれのスタイルに合ったカラーを選べるのも嬉しいポイントです。

「かわいい」だけではなく、「かっこいい」や「華やか」といった自分の好きなスタイルから選ぶことができます。

●スズキ「ラパン」

スズキ「ラパン」(画像はラパン モード)
スズキ「ラパン」(画像はラパン モード)

 2002年に発売されたスズキの軽自動車「ラパン」は、丸みのある箱形のデザインで、車高を低めに設定されました。

 まるで自分の部屋にいるかのような心地よさとくつろぎを追求し、外観や内装には、家具や雑貨などをモチーフにした、親しみやすいデザインを採用。

 発売後、女性ユーザーから支持を得て人気の車種となったラパン。2015年に発売された3代目ラパンでは、より女性ユーザーのニーズを取り入れるため、女性で構成されたグループを立ち上げ、マーケティングだけではなく開発にも関わりました。

 そんな3代目ラパンは、「かわいいけれど、子どもっぽくない」「ナチュラルで、シンプル」をキーワードに作られています。

 カラーはシックな色を取り入れ、甘くなりすぎないようにし、車名にもなっているうさぎ(フランス語でラパンはうさぎの意味)をモチーフにしたロゴは、ドアの裏側など見えにくいところにあり、遊び心を感じます。

 ラパンは女性でも運転しやすいよう、上下60mmのシートリフターと上下35mmのチルトステアリングを装備。自分の身長や体格に合わせて、ベストな位置を決めることができます。

 また、美容に気遣う女性に嬉しい装備として、肌や髪にやさしい弱酸性の「ナノイー」をエアコンに搭載(Xのみ)。ほかには、日焼けの原因になる紫外線や、暑さのもとである赤外線をカットする「プレミアムUV&IRカットガラス」(X,S,Lに標準装備)や、身だしなみをチェックできる「バニティーミラー」を運転席と助手席に装備(Gを除く)しているのです。

 ラパンは「大人かわいい」が詰め込まれたクルマで、「可愛いものは好きだけれど、あまり甘すぎるのはちょっと…」という人におすすめのクルマです。

 とくに、特別仕様車の「ラパン モード」は、通常よりもシックなカラーリングで、専用のファブリックシートと木目調のインテリアがアクセントとなって、クラシカルな雰囲気を味わうことができます。

●ダイハツ「ムーヴ キャンバス」

ダイハツ「ムーブキャンバス」
ダイハツ「ムーブキャンバス」

 ダイハツ「ムーヴ キャンバス」は、2016年にムーヴシリーズの軽トールワゴンとして発売されました。「できるミニバス(canbus)」をキャッチコピーとし、自身のライフスタイルを楽しむ若い女性をメインに、幅広い世代で使いやすいクルマとして、デザイン性だけではなく機能性も充実させました。

「愛らしさを感じるデザイン」をコンセプトにしたムーヴ キャンバスは、シンプルで丸みのあるシルエットと、水平基調のロングキャビンでナチュラル感とのびやかさを演出。また、カラーリングは、モノトーン8色とストライプス(2トーン)7色の全15色から自分の好みに合わせて選ぶことができます。

 ムーヴ キャンバスは、クラス初の「両側スライドドア」と国産車初となる「置きラクボックス」を後席に搭載。このふたつを組み合わせることにより、荷物をサッと積み込んですぐに運転席に乗り込むことが可能となりました。

 置きラクボックスとは、高さのある倒れやすい荷物や割れやすい食品なども、安定して運ぶことが可能な装備です。運転席からも手が届くため、バッグなどの荷物を後席に簡単に置くことができます。

 また、パノラマモニターも付いているので、駐車時や狭い道でのすれ違いざまなどのドキっとするシーンでも、モニターを確認しながら運転することができるので安心です。

これはカワイイ~! 使い勝手も考えられたカワユス系軽自動車!(44枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント