• くるまのニュース
  • ライフ
  • 昔のクルマは愛称があった? ケンメリ、てんとう虫、ダルマ… 懐かしき名車とはどんなクルマ?

昔のクルマは愛称があった? ケンメリ、てんとう虫、ダルマ… 懐かしき名車とはどんなクルマ?

昔のクルマには、車名やモデル名ではなく、愛称で呼ばれていたクルマが多数存在しました。そのなかでも、とくに有名な愛称を持ったクルマを紹介します。

愛称で呼ばれたクルマとは

 クルマは、販売される際に車種名(モデル名)というものが付けられます。たとえば、2018年で日本一売れたホンダの軽自動車は「N-BOX」という車種名です。

 また、トヨタのミニバン「エスティマ」は、海外では「プレビア」や「タラゴ」といった名前で販売されるなど、国や地域によってモデル名が変わることもあるのです。

 そんなクルマの名前ですが、ユーザーから親しみを持って愛称で呼ばれることもあります。今回は車種名とは別に愛称が有名なクルマを紹介します。

ケンメリの愛称で親しまれた4代目「スカイラインGT-R」
ケンメリの愛称で親しまれた4代目「スカイラインGT-R」

 愛称で呼ばれることが多い国産車の代表に、日産「スカイライン」があり、有名なのは3代目モデル(C10型)です。愛称は「ハコスカ」で、初めてGT-Rがラインアップされた世代です。

 このハコスカという愛称は、現役当時につけられたものではありません。次の4代目モデル(C110型)が出て、区別するために「箱型のスカイライン=ハコスカ」と呼ばれるようになりました。

 また4代目モデルでは、当時放送されていたテレビCMの「ケンとメリーのスカイライン」シリーズに由来し、「ケンメリ」と呼ばれるようになります。なお、4ドアGTモデルは「ヨンメリ」とも呼ばれます。

 5代目モデル(C210型)の愛称は「ジャパン」と呼ばれました。これは、「日本の風土が生んだ名車、SKYLINE JAPAN」という広告のキャッチコピーが由来となりました。

 6代目モデル(R30型)では、米映画俳優のポール・ニューマンがCMキャラクターだったことから「ニューマン・スカイライン」と呼ばれましたが、スポーツグレード「RS」の後期型は「鉄仮面」という別の愛称が付いています。

 愛称で呼ばれる最後のスカイラインとしては、7代目モデル(R31型)が「7th(セブンス)スカイライン」と呼ばれ親しまれましたが、その後のスカイラインは、「R32・R33・R34」といった型式名で呼ばれるようになりました。

 ハコスカGT-Rが2ドアハードトップにスイッチした1970年、国産初のスペシャリティモデルとしてトヨタ「セリカ」が登場し、ヒット作となります。

 デビュー後に「ダルマセリカ」という愛称で呼ばれますが、これは角のないボリュームのあるボディや、正面から見たときのバンパーがダルマのヒゲに見えることなどが要因となっているようです。

 ダルマセリカが搭載する、ヤマハと協働開発した「2T-G型」1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンは、その後のトヨタ製「テンロク」スポーツエンジンの中核となります。

 そのセリカがデビューした翌年1971年に、トヨタの保守本流たる「クラウン」が大胆なモデルチェンジを受けて4代目に生まれ変わりました。

 セリカにも似たボディ同色一体型バンパーの「スピンドルシェイプ」と呼ぶ斬新なスタイルは「クジラ」の愛称で呼ばれます。

 デザイナーや自動車評論家には高く評価された先進的なデザインでしたが、クラウンの主たるユーザーである保守層には受け入れられず、「クラウン史上、唯一の失敗作」とされるモデルです。

これぞ日本の宝! めちゃ綺麗なケンメリや愛称で呼ばれた名車を画像で見る!(38枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント