コンセプトは悪くないのに残念な結果に 売れなかった軽自動車5選

現在人気の軽自動車ですが、人気車種がある一方で人気がなかったクルマもあります。その理由はさまざまで、いま見れば納得の理由もあれば、少し登場が早すぎたクルマもあります。そこで、ひっそりと姿を消したクルマを5車種紹介します。

ユニークな軽自動車があったが販売は低迷

 現在、車高が高くリアにスライドドアを装備したトールワゴンが人気で、販売台数が好調に推移している軽自動車ですが、過去には特徴的なクルマがいくつもありました。

かつては個性的な軽自動車が数多く販売されていた
かつては個性的な軽自動車が数多く販売されていた

 軽自動車だけど先進的なテクノロジーが採用されたモデルや贅沢な作りのモデル、ターゲットは明確ながら中途半端に見えてしまったモデルなどがありました。

 しかし、ユーザーのニーズと違ってしまえば、当然のように販売数も少なくなってしまいます。

 そこで、個性的だったけど販売が振るわなかった軽自動車5車種をピックアップして紹介します。

●スバル「R1」

優れたデザインだったものの販売にはつながらなかったスバル「R1」
優れたデザインだったものの販売にはつながらなかったスバル「R1」

 2004年に発売されたスバル「R1」は、同社の「R2」にも似た外観のイメージでしたが、全長やホイールベースは短く、市街地や駐車場などでの取り回しを良くした3ドアハッチバッククーペモデルとなっていました。

 シニア世代や女性を主なターゲットとし、乗車定員は4名でしたが2+2のシートのため、実質は大人2人が快適に過ごせることに特化した室内でした。

 発売当時に搭載されていたエンジンは、54馬力の660cc直列4気筒自然吸気で、4気筒ならではの滑らかな回転フィーリングと低振動を実現。

 2005年には最高出力64馬力/最大トルク10.5kgmを発揮する660cc直列4気筒スーパーチャージャー付きエンジンに、7速マニュアルモード付CVTを搭載する「S」グレードが登場しました。

 スポーティな軽自動車を好む層からは高く評価されましたが、軽自動車はパーソナルな空間よりも広さが求められる時代となっていたため、販売数を伸ばすには至りませんでした。

 2010年に販売が終了したR1ですが、Sグレードは軽自動車唯一の4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンが搭載されていることから、スバル好きな人や一部のマニアの人気が高まり始めています。

 今後、手ごろな価格で購入するのは難しくなるかもしれません。

●ダイハツ「ソニカ」

コンセプトは明確ながら出るのが遅すぎたダイハツ「ソニカ」
コンセプトは明確ながら出るのが遅すぎたダイハツ「ソニカ」

 2006年にデビューしたダイハツ「ソニカ」は、軽自動車の主流が室内空間の広いトールワゴンに移行しつつあるなか、流麗なデザインと優れた走行性能で市場に投入されました。

 一見すると、テールランプ形状から2005年に販売を終了したセミトールワゴン「MAX」の後継車にも見えましたが、まったくの別物です。

 カップルをターゲットとして企画され、最高出力64馬力を発揮する660cc直列3気筒ターボエンジンによる余裕の走行性能に、1470mmに抑えられた低い全高の安定感、風切り音やロードノイズを低減させる技術を採用した静粛性など、「軽のスペシャリティカー」となっていました。

 スペシャリティカーらしく装備も充実していて、電子カードキーを携帯していれば、ドアの解錠・施錠ならびにエンジンスイッチノブの操作によるエンジンの始動・停止が可能なキーフリーシステムを全車に標準装備。

 一部グレードには花粉除去モード付のオートエアコンやクリーンエアフィルター(花粉除去機能付)、 セキュリティアラームなどが採用されるなど、高級軽自動車という呼び方が相応しいクルマでした。

 現在は質感を高めた軽自動車が人気となっていますが、クオリティの高さの割にソニカは評価されず、「タント」や「ムーヴ」が人気となったことで、発売から3年後の2009年にひっそりと販売を終了してしまいました。

●三菱「i-MiEV」

世界初の量産EVとして記憶に残る三菱「i-MiEV」
世界初の量産EVとして記憶に残る三菱「i-MiEV」

 2009年に登場した三菱「i-MiEV」は、同社の軽自動車「i」をベースにして、リアに搭載されていたガソリンエンジンの代わりに、モーターを搭載した純粋な電気自動車です。

 他社に先駆けて三菱が世界初の量産EV製造に成功し、発売時は法人向け販売のみでしたが2010年から個人向け販売も開始されました。

 モーターの最高出力は「G」グレードで64馬力、後に追加されたバッテリー容量の少ない「M」グレードは41馬力でしたが、モーターならではの高トルクと、車体下部に重量物であるバッテリーを搭載したことによる低重心化で、小気味よく走ることが可能でした。

 発売時の価格は459万9000円(消費税込)で、当時、国から交付された補助金を適用しても実質負担額が320万9000円と高価でした。

 また、2009年時点は充電スポットが少なくインフラの整備が進んでいなかったこともあり、複数回の値下げをおこないましたが販売台数が伸びることはなく、販売台数は低迷。

 2018年のマイナーチェンジで全長を3480mmまで拡大したことにより小型車扱いとなり、軽自動車としてのi-MiEVは販売を終了しました。

「なぜこれを作ったのか」 まるまるカクカクな個性派軽自動車(画像18枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. R1やレックスほど限りなく登録車に近い軽は無いだろ
    必ずしも4気筒がスムーズとは限らないが開発陣の意気込みが感じられる車だと思うね、所有する価値観は販売台数などでは計り知れない深い思い入れがある
    バカみたいに肥大しつづけた軽とは名ばかりの車から昔の軽に乗り換えたらどれだけ軽く運転しやすいかが分かるのだろうがブランドや販売台数が車の価値だと思っている乗り手には到底解らん現実なんだろ
    よくもあんな背高な軽が安定傾斜角度をパスしたもんだと思うし?