• くるまのニュース
  • ライフ
  • 軽ワゴンは背が高い方が良い? ダイハツ「タント」の陰に隠れるノッポ「ウェイク」が売れない理由とは

軽ワゴンは背が高い方が良い? ダイハツ「タント」の陰に隠れるノッポ「ウェイク」が売れない理由とは

近年人気の軽自動車は、背が高い「スーパーハイトワゴン」の車種が上位を占めていますが、背が高ければ高いほど軽自動車は売れる、といってよいのでしょうか。

普通車からの乗り換え需要にも対応する近年の軽自動車

 近年、人気の軽自動車のタイプとして「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンルがあり、実際に軽自動車販売台数ランキングの上位はこのジャンルのクルマが占めています。

 軽自動車らしからぬ全高の高さが特徴のスーパーハイトワゴンですが、現在の軽自動車市場で売れ筋モデルとなるためには車高が高くないといけないのでしょうか。

全高が1800mmを超えるダイハツ「ウェイク」
全高が1800mmを超えるダイハツ「ウェイク」

 一般社団法人「全国軽自動車協会連合会」が発表したデータによると、2019年上半期(2019年1月から6月まで)の軽4輪車販売台数ランキングにおいて、1位を獲得した車種はホンダ「N-BOX」(13万1233台)です。

 N-BOXは軽自動車市場におけるランキングだけではなく、登録車(普通車)も含めた日本の新車市場全体の2019年上半期販売ランキングにおいて1位を獲得しました。

 2位にはスズキ「スペーシア」(8万8750台)、3位にはダイハツ「タント」(8万1828台)がランクインしています。

 トップ3にランクインした車種は、軽自動車のジャンルにおいて「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンルに属します。

 スーパーハイトワゴンは、全高1700mmを超え、両側スライドドアを備えていることが特徴の軽自動車です。

 このジャンルの軽自動車は、外観は四角いボディを持ち、そのうえ成人男性の平均身長である170cmに負けずとも劣らない全高となっていることから、一見すると軽自動車とは思えないスタイルとなっています。

 なぜ、スーパーハイトワゴンの人気が高いのでしょうか。スペーシアを取り扱うスズキの販売店スタッフは次のように話します。

「スペーシアは、室内空間の広さや乗降性の良さなどで人気を集めています。また、購入するユーザーはファミリー層も多いです」

 高い車高による室内の広さや、両側スライドドアによる乗り降りのしやすさが人気の要因となっているといえるでしょう。また、N-BOXを取り扱うホンダの販売店スタッフは次のようにいいます。

「軽自動車のN-BOXは、日本で1番売れています。しかし、人気がありすぎてN-BOX以外のモデルを売りづらくなってしまう、という現象も起きています。

 たとえば、ホンダのコンパクトカー『フィット』を見に来られたお客様が、N-BOXと比較して、結果N-BOXを購入されるといったことや、いままでミニバンの『オデッセイ』に乗っていたご家族が、乗り換えの際にN-BOXを選ぶなどです。

 ただし、他社の普通車からN-BOXに乗り換えるという事例も存在します」

 スーパーハイトワゴンが高い車高を持ち利便性が高まっていることで、ほかの軽自動車のみならず普通車ユーザーの乗り換えの受け皿にもなっていることが、人気の要因のようです。

うわっ…この軽自動車デカすぎ? ダイハツ「ウェイク」の内外装を写真で見る(53枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ツートンってダサい