軽トラとハイエースの中間サイズ!? トヨタの丁度いい小型商用車「ライトエース」はどんな車?

小型商用バンは趣味人にも人気!? その意外な理由とは

 積載性と運転のしやすさのバランスに優れた、軽商用車とハイエースタイプの商用ワゴンの中間サイズに位置する背の高い小型商用車。こういった働くクルマを自社ラインナップに持つメーカーは、トヨタだけではありません。

トヨタ「タウンエース バン」
トヨタ「タウンエース バン」

 例えば日産には「NV200バネット」というバンタイプの商用車があります。全長は4400mm(DXグレード)と、国産ハッチバック車やステーションワゴンでも多く見られるサイズとなっています。

 マツダには、「ボンゴバン」および「ボンゴトラック」という商用車バンがあり、全長4285mm(バンタイプ)と、こちらも運転しやすいボディサイズです。

 そして、これらのバンは商用ユースで用いられるだけでなく、プライベートを充実させたいという需要に対しても十分に応える存在です。

 こういった商用バンを購入するユーザーには、荷室をキャンピングカー仕様に改造して、車中泊をする人が存在します。

 実際に、そういった架装を施す専門の業者が存在しているほか、一部のトヨタ系ディーラーでは、ライトエース/タウンエースをベースに内外装を車中泊仕様へ仕立てたディーラー系特別仕様車(キャンピングカー)が販売されています。

 商用用途だけでなく趣味を楽しむ人にも受け入れられている小型商用車は、さまざまな需要を満たすオールマイティさが魅力といえるでしょう。

“ちょうどいい”小型商用車「ライトエース」を写真で見る(20枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 必ずしも寸法と運転のしやすさは比例しないだろ
    見切り、自分が座る位置、大型バスなどは前軸より前で運転することになるわけだし、各々ドライバーの認識度に関わる問題だろ、昔はライトエースに乗用ワゴンが存在した頃はタウンエースより更に寸法は小さかったが最小回転などの諸元にさしたる差は無かったしハイエースも4ナンバーの枠内に収まる車で互いに運転のしやすさの比較対象にはしにくいだろ
    言うならばアルファードのような同じくトヨタ車体で製造される基本商用車から肉付け化粧されたデブミニバンを運転感覚と言う辺りで取り上げたほうが分かりやすいだろ

    • 上の人は誰と戦ってるんだ?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー