• くるまのニュース
  • ライフ
  • 見かけなくなった? 愛車を守る「ボディカバー」  ニーズは変わらず存在も利用者減の理由とは

見かけなくなった? 愛車を守る「ボディカバー」  ニーズは変わらず存在も利用者減の理由とは

最近、街で見かける機会が減ったクルマのボディカバー。体感的には昔に比べて、ボディカバーの数が減った気がしますが、実際のところ利用者数は減少したのでしょうか。

クルマのボディカバーは減っている?

クルマを保護する目的として使われているボディカバー。昔と比べてボディカバーを付けているクルマが減ったように思われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

愛車を守るアイテムとして、一定数の需要があるボディカバー
愛車を守るアイテムとして、一定数の需要があるボディカバー

 ボディカバーとは、花粉や黄砂、雨などからクルマを守り、汚れを防ぐ目的で使われるクルマのカバーです。車種によっては専用品が用意されているほか、カー用品店ではサイズ毎の汎用品が販売されています。

 ボディカバーをかけることで、イタズラや盗難、獣害を防ぐほか、紫外線や熱を防ぐことにより、ライトの黄ばみ防止にも役立ちます。

 また、クルマの汚れを防ぐことで、洗車などの回数が減り、クルマの手入れにかかるお金や時間の節約ができるのです。

 しかし、ボディカバーはメリットばかりではありません。使い方によっては、クルマの汚れを防ぐどころか、逆にクルマを汚して傷つけてしまう可能性があります。

 ボディカバーは、クルマを汚れから守る役割があるため、使用するにつれてボディカバーそのものが汚れ、メンテナンスをしないまま使用していると、クルマに汚れが付いてしまうこと以外にも、砂利などの固形物によりボディに傷がつく可能性も恐れがあります。

 また、ボディカバーを付けることにより、カバーの生地が擦れて摩擦傷ができます。摩擦傷自体は小さなもので目立ちませんが、その傷が何度も重なるように付いてしまうと、ボディ表面がくすんで艶がなくなってしまうことも。商品によっては、ボディカバーに使用されている生地が、ボディに傷が付きやすい品質のものもあるのです。

 カー用品を扱うオートバックスは、ボディカバーの販売状況について次のように話します。

―――ボディカバーの売り上げは、現在どのようになっているでしょうか。

 ボディカバーの売り上げ自体は、全体的に少ないです。過去と比べると、ボディカバーの取り扱い種類は一部減少していますが、売り上げ自体は大きな変動はありません。

―――ボディカバーを購入するユーザーは、どういった人が多いでしょうか。

「クルマを大切にしている人」という印象を受けます。使用目的としては、花粉や雨などからクルマを守る目的で購入している人が多いです。

―――過去と比べて、ボディカバーの利用者は減っていますか。

 ここ2年から3年は店舗でお客様にボディカバーについて尋ねられる機会が減ったと、体感的に感じます。

―――ボディカバーの利用が減った理由には、どういったものがあると考えられますか。

 クルマの塗装技術が向上したのではないかと考えられます。製造から20年以上経ったクルマは、塗装のハゲや日焼けが見受けられますが、ここ10年で製造されたクルマではあまり見受けられない印象です。

 また、簡易コーティング剤がここ5年から10年で普及したのも大きいと思います。昔は、クルマのコーティングをセルフでするとなると重労働でした。

 しかし、最近ではスプレータイプなど簡単にクルマをコーティングできるものが増え、定期的にコーティングをする人が増えたのだと思います。

※ ※ ※

 ボディカバーを付けることによるデメリットを見ると、果たしてボディカバーは本当に必要なのかと疑問に思うことでしょう。

 確かにボディカバーは、使い方によってはデメリットも存在します。しかし、ボディカバーを利用することによって得られるメリットも大きく、どちらの点を重要視するかによって、必要・不必要が変わってくるのではないでしょうか。

 街中で見る機会が減ったと思われたボディカバーですが、意外にも売り上げ数的にはそこまで大きく減少していないことがわかりました。

 ボディカバーは、「愛車を大切にしたい」というユーザーからのニーズがある限り、無くならないアイテムといえます。

これはカッコいい!! コルベットやフィアットデザインのボディカバーを見る

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 【記事】見かけなくなった? 愛車を守る「ボディカバー」  ニーズは変わらず存在も利用者減の理由とは
    【私見】オートバックス社員の言葉も、地の記事の文も、ひどい日本語使ってますねえ。