減少するGS再編進む 全国のガソリンスタンドのほぼ半分!「エネオス」が多くなった理由

最近、「エッソ」「モービル」「ゼネラル」のガソリンスタンドがなくなって、「エネオス」ブランドにかわっています。その理由はなんなのでしょうか。

2019年7月で「エッソ」「モービル」「ゼネラル」のガソリンスタンドがなくなった

 日本のサービスステーション(ガソリンスタンド)の多くは、いわゆる「元売り系」と呼ばれる原油を精製し、販売する大手事業者の系列に属しています。大都市から地方都市まで、どこに行っても同じブランドのサービスステーションがあるのは、そうした背景によるものです。

 ところがここ1年ほどで、そのブランドの比率が大きく変わっています。じつは2019年7月、JXTGホールディングスが、自らが展開する「エネオス」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」を、すべてエネオスに統一したのです。

 その理由について、JXTGホールディングスは次のように話します。

「同じ会社なのにブランドが4つあることは、お客さまにとって『わかりにくさ』につながっていました。そこでブランドを統合し、共通のサービスを提供することで、お客さまの利便性向上を目指すことになったのです」

 旧エネオスと旧エッソ/モービル/ゼネラルでは、電子マネーやスピードパス(ICチップによる決済ツール)、クレジットカードの取り扱いに一部差異があるなど、利便性の部分で差がありました。これについて、統合前から相互乗り入れを進めることで徐々に解消。そして統合後の現在、そうした支障はなくなり、利便性は確実に向上しています。
 
 また取り扱うハイオクガソリンは、エネオスが「エネオスヴィーゴ」、エッソほかが「シナジーF1」でしたが、エネオスヴィーゴは統合に先立つ2018年10月に「エネオスハイオク」に変更されています。じつはこのエネオスハイオクはシナジーF1と同等のもの。ハイオクガソリンについては、ひと足先に統合されたということになります。

 ところでなぜJXTGホールディングスが、4つものブランドを抱えていたのでしょうか。

 じつはJXTGホールディングスは、2017年、JXホールディングス(エネオス)と東燃ゼネラル石油(エッソ/モービル/ゼネラル)が経営統合して生まれました。その東燃ゼネラル石油は2000年、東燃(エッソ/モービル)とゼネラル石油(ゼネラル)の合併で発足しています。つまり複数のブランドを同じ会社が持つ背景には、こうした企業同士の経営統合の歴史があるのです。

 もちろんこうした歴史のなかで、消滅したブランドもあります。「JOMO」はかつて新日鉱ホールディングスが展開するサービスステーションのブランドでしたが、2010年に新日本石油(エネオス)と新日鉱ホールディングスが経営統合しJXホールディングスが発足した際、ブランドが消滅することとなりました。

あ!なつかしい!いつしか無くなったガソリンスタンドブランドたち(10枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント